スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は祭り、明後日からは攻略的な

 
一先ずの予定ということで。


フェスティバルは数日前から言っていた通り。


その後はMVPの攻略記事なんてものを書いてみたいと思っていますが、どういう感じにするかは考え中。


少なくとも1体は、興が乗れば複数体。





メモDはニーズヘッグの影やフェンリル、アムダライスは多くの方が攻略済みで、女王フェイスワームやセリーヌ・キミ、魔王バフォメットは消耗に対する見返りが薄いので棄却。


あと、セリーヌ・キミの完全版に関しては以前アップした動画で良いかなと思っています。



seri-nu001.png



ここ数日掛けて何度かソロでやってみましたが、ダーククローのCT60秒があるためテンポが悪くなってしまうのが主な理由。


そして本体を倒せた以上、回復手段の無い幻影を倒せない道理は無いので。


やはり動画をアップするなら何かしらの目的や新鮮さ、衝撃があるものにしたいなと、個人的な感情として。





話は変わりますが。


最近ちょっとした依頼のようなものがあり、それに向けて色々と調べたり試したり。


改めて記事にするとか動画にするとかはありませんが、この件については2週間弱くらいで紹介出来るかなと思っています。



grm013.png



そんな感じで、今年も半分が過ぎ。


私個人としては大きく前進した上半期でしたが、残りの半分も充実したものにしたいなと。


時計塔ナイトメア、パズドラ島、魔王決戦。


数多くのアップデートを控えた下半期、まだまだ楽しめそうで何より。



「決戦パッチ―――『魔王』の称号は私が貰う!!」
「また軽はずみな事を…」
スポンサーサイト

バトンらしきもの

 
休日の昼時、「バトンを作ったよ( *`ω´)」というおーじさんからの連絡により、びっくりドンキーへと赴こうとしていた私の足が止まる。


バトンと言っても誰かに渡す必要はないらしいので、500mリレー走をひとりで走りきるようなボッチ気質の私にとっても有り難い仕様のようです。


ともあれ。


連日考察ばかりの記事というのもあれなのでやってみようとは思いますが、さして面白みのある回答はしていません。


では、以下より。









亀島実装くらい






ネトゲの雑誌で






〇〇つきが基本、由来は卯月とか葉月とか






ギロチンクロス と スーパーノービス






メインのギロチンクロスの



SC4-4 ダーククロー
SC1-B ビュッシュ・ド・ノエル
SC1-M アロエベラ






単純なエモのみ






Ⅴの4人でET登頂したこと
(カテゴリ:ナハトズィーガー)






特には






+9ダブルリベレーション メス オブインフィニティ






爆裂ベベ29世ちゃん






がんばれ








欲しいカードとも言う





ifrit_20140628013615e89.gif






thor_v03_20140629111912dff.gif






icon_berserk.gif バーサーク






ニーズヘッグの部屋で流れるアレ






ドロップ2倍だとMVPカードがでる






値段の桁違いはしたことが無い






クエストは苦手、唯一挙げるならアバンダ






新しいMVPモンスターならいくらでも






何だろう






MVPカード全般(特に上記2種)






リンク先、及びギロチンクロスのブログ






二刀クリティカル型ギロチンクロスで全MVPソロ撃破






流し読み推奨!!








こんな感じで。



「おい、我のカードは欲し―――
「びっくりドンキー行って来る!!」

【考察】武器カードによるダメージ倍率について

 
今回は『武器カードによるダメージ倍率』について。


倍率計算の基本は『同種のカードは加算、別種のカードは乗算』であること。


これにより『同種のカードを重ねるよりも、別種のカードを混ぜた方が倍率が高くなる場合が多い』とされている。


では、この場合とはどこまでを指すのか。


以下、『深遠の騎士カード』『種族or属性カード』『サイズカード』を例に挙げ、枚数を重ねた時のダメージ増加率を書き記す。


『種族カード』『属性カード』は別種カード扱いだが、倍率が同じなので纏めることにした。





■深遠の騎士カード


Bossモンスターに物理ダメージ+25%




1枚目
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   25%
100%×1.25=125%

         2枚目
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   20%
125%×1.2=150%

                 3枚目
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   16.7%
150%×1.167=175%

                          4枚目
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   14.3%
175%×1.143=200%







■種族or属性カード


××形/××属性モンスターに物理ダメージ+20%




1枚目
vadon_card.gif   20%
100%×1.2=120%

         2枚目
vadon_card.gif   vadon_card.gif   16.7%
120%×1.167=140%

                 3枚目
vadon_card.gif   vadon_card.gif   vadon_card.gif   14.3%
140%×1.143=160%

                          4枚目
vadon_card.gif   vadon_card.gif   vadon_card.gif   vadon_card.gif   12.5%
160%×1.125=180%







■サイズカード


×型モンスターに物理ダメージ+15% ATK+5




1枚目
minorous_card_201406272321465c6.gif   15%
100%×1.15=115%

         2枚目
minorous_card_201406272321465c6.gif   minorous_card_201406272321465c6.gif   13%
115%×1.13=130%

                 3枚目
minorous_card_201406272321465c6.gif   minorous_card_201406272321465c6.gif   minorous_card_201406272321465c6.gif   11.5%
130%×1.115=145%

                          4枚目
minorous_card_201406272321465c6.gif   minorous_card_201406272321465c6.gif   minorous_card_201406272321465c6.gif   minorous_card_201406272321465c6.gif   10.3%
145%×1.103=160%







他にも『クリティカルダメージカード』『特定種族カード』等の別種計算となるカードも存在するが、他部位との兼ね合いで計算がしづらいのと適用範囲が限定され過ぎるため除外。


今回はあくまで上記4種の別計算カードを用いた上で、それらを複数枚重ねた時の最大倍率を記すことにする。






■対MVPにおける最大倍率について


ifrit_20140628013615e89.gif



対象はイフリート。BOSS属性/無形種族/火属性/大型。




☆1枚 125%
深遠の騎士カード*1
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif


☆2枚 150%
深遠の騎士カード*2
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif


深遠の騎士カード*1 + 種族or属性カード*1
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   peco_egg_card.gif or vadon_card.gif


☆3枚 180%
深遠の騎士カード*2 + 種族or属性カード*1
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif   peco_egg_card.gif or vadon_card.gif


深遠の騎士カード*1 + 種族カード*1 + 属性カード*1
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif peco_egg_card.gif vadon_card.gif


☆4枚 216%
深遠の騎士カード*2 + 種族カード*1 + 属性カード*1
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif peco_egg_card.gif vadon_card.gif


☆5枚 252%
深遠の騎士カード*2 + 種族カード*1 + 属性カード*1 + 深遠の騎士or種族or属性カード*1
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif peco_egg_card.gif vadon_card.gif   knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif or peco_egg_card.gif or vadon_card.gif


☆6枚 294%
深遠の騎士カード*3 + 種族カード*1 + 属性カード*1 + 種族or属性カード*1
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif peco_egg_card.gif vadon_card.gif   peco_egg_card.gif or vadon_card.gif


☆7枚 343%
深遠の騎士カード*3 + 種族カード*2 + 属性カード*2
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif peco_egg_card.gif peco_egg_card.gif vadon_card.gif vadon_card.gif


☆8枚 394%
深遠の騎士カード*3 + 種族カード*2 + 属性カード*2 + サイズカード*1
knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif knight_of_abyss_card_20140627232145df5.gif peco_egg_card.gif peco_egg_card.gif vadon_card.gif vadon_card.gif minorous_card_201406272321465c6.gif







以上から、『武器カードにのみ限定』すれば、



『深遠の騎士カードは4枚以上、種族or属性カードは同一のものを3枚以上重ねるべきではない』



このような結論に至る。


仮に『深遠の騎士カード』3枚挿しの右手武器を使用した場合、S錐に『深遠の騎士カード』を挿すと『種族or属性カード』はおろか『サイズカード』にすら劣る結果となるからだ。


しかし、これは前述した通り、武器カードにのみ焦点を絞った場合であり。


頭上段にマクシミリアン・フォン・ベベ29世[1]を用いれば、今度は『深遠の騎士カード』の方が倍率が高くなる。


それを用いない場合でも対MVPの汎用性という点では『深遠の騎士カード』に分があるが、『サイズカード』は市場価格として圧倒的に安価であり、通常MOBでも使える利点がある。





と、その辺りを細かく追求していくとキリがないのでここまでにしたい。


重要なのは、『ダメージ倍率の計算には加算と乗算がある』というただ一点のみ。


あとは汎用性を求めるも良し、特化させるも良し。


そんな感じで。



「結局さ、ROratorioで計算すればおkだよね」
「うむ。しかし予備知識として知っておいて損は無い」

【比較考察】Cri率とAspdと物理ダメージアップ【アクセサリー】

 
比較考察の第3弾は、『アクセサリー』。


『アクセサリー』は装備枠が2つあるため他の部位よりも選択肢が多い。


よって、装備それ自体ではなく、装備の効果に焦点を当てて比較考察をすることにした。


その効果も多岐に渡るが、今回は以下の3つに絞る。






Cri率+


2922_20140626233232a02.png   2616_20140626233234aec.png   28342_2014062623323510f.png   2855.png


(左から)
幸運のグローブ[0-1]
クリティカルリング[0-1]
クリティカルアンクレット[1]
ヒュッケの黒い尻尾[0]





Aspd+


2874_2014062623354851c.png   2910_20140626233549d86.png   28320.png   2855_201406262335512c3.png   2730.png


(左から)
水牛の角[1]
バコナワの守護タトゥー[0]
暗殺者の絶望[1]
ヒュッケの黒い尻尾[0]
コンチネンタルガードの印章[1]





物理ダメージ+(Criダメージ+)


2597_2014062623380585e.png            2910_20140626233549d86.png        5360.png 
2616_20140626233806fa4.png 28342_2014062623380842d.png                   2855.png


(左から)
真紅のポンチョ[1]+クリティカルリング[0-1] or/and クリティカルアンクレット[1]
バコナワの守護タトゥー
ヒュッケの黒い猫耳[0]+ヒュッケの黒い尻尾[0]






上に載せた装備SSは一例だが、いずれも高い性能を有している。


二刀クリティカル型という観点からこれを見た場合、不足しがちなのはCri率とAspdである。


私が二刀クリティカルを始めた1年前と比べれば装備は充実してきたものの、ステータス振りの段階で必ず足りない部分は生じてしまう。


それを補うのに最も適している部位が『アクセサリー』であり、換装のしやすさという点でも他部位とは一線を画している。





■Cri率とAspdと物理ダメージの優先度



では、まず何を優先すべきか。


個人的な主観から言わせてもらえば、優先度は以下のようになる。






Cri率+ > Aspd+ > 物理ダメージ+






二刀クリティカル型のCri率とは即ち命中率であり、『当たらなければどうにもならない』ため最優先で伸ばしたいステータスである。


次いでAspdだが、これは繰り上がりによるダメージ増加量が装備による純粋な物理ダメージアップよりも高くなる場合が多いため次点とした。


あと高Aspdによる爽快感。これ大事。


それらを満たした上でなお『アクセサリー』の枠に余裕があるなら、物理ダメージアップやその他の要素でさらなる性能の向上に努めたい。





ただ、アクセサリーには単一の効果だけではなく、上記3つのうち複数のステータスを複合した装備がある。






☆『真紅のポンチョ』とのセット効果でCri率+Criダメージ+、スロットによるCri率+及び物理ダメージ+の『クリティカルリング[0-1]』や『クリティカルアンクレット[1]』。


2597_2014062623380585e.png   2616_20140626233806fa4.png   28342_2014062623380842d.png



Aspd+物理ダメージ+の『バコナワの守護タトゥー』。


2910_20140626233549d86.png



Aspd+とスロットによるCri率+及び物理ダメージ+の『水牛の角[1]』。『野牛の角[1]』とのセット効果でさらにAspd+


2874_2014062623354851c.png   2874_20140626235039c6d.png






上で挙げたものもまた一例に過ぎないが、『二刀クリティカル型におけるアクセサリーには最適解が存在しない』ことが分かると思う。


最適解とは、それを用いる人や環境、対象によって変動するからである。


何より二刀型のように命中率にある程度の余裕があるわけでもなく、カタール型のようにCri率2倍の恩恵があるわけでもない。


故に、よりシビアな調整を求められるのが二刀クリティカル型だと私は考えている。





よって、重要なのは『状況に応じた使い分け』であり。


もちろん固定装備で不足を感じないのであれば、無理に換装する必要はまったく無い。


それがその人にとっての最適解であり、同時にそれは誰にも否定し得ないものである。





当然、万事が順調とはいかず、失敗したと感じることもあるだろう。


しかしそれもまた次なるステップへの糧とするならば、それは既に失敗とは言えない。


だからこそ、悩んだ末に選び取った自分だけの解に自信を持ってもらえればと思う。



最適とは自ら選び取るものである

【Sig鯖】ピンタドスフェスティバル開催予告【7月1日(火)メンテ後~】

 
■ピンタドスフェスティバルとは



pinfes.png



3種のタトゥーを作成するためには、『ピンタドスフェスティバル』を開催する必要があり。


実装当初はこの開催自体、材料的に難易度が高かったものの、今年の4月に行われた『PROJECT PORTMALAYA』によってフェスティバルやタトゥー作成の材料が緩和。



fes001.png



必要数を見る限りでは個人でも開催可能で、Sig鯖でも既に何度か開催されていた模様。


なので、わざわざ予告して開催する意味は薄くなりましたが。


ポートマラヤで確認しなければ開催中の有無を判別出来ないことと、緩和されたとはいえ材料がやや面倒であることに変わりは無いとの理由で告知することに。


このような一ブログでやっても大した(或いはまったく)影響はないかもしれませんが、ちょうどタトゥー作成の材料があるという方はこの機会にぜひ作成を。


私もタトゥーの材料が集まっているため作成予定(それが主目的なので)。


そんなわけで、『ピンタドスフェスティバル』―――




開催予定は、7月1日(火)メンテ後~




期間は約1週間らしいので、7月8日(火)メンテまで


なお、別の方によって既に開催されている場合はその旨を記事に。





■タトゥー作成の材料について



fes002.png



SSで分かると思いますが、こちらも緩和されています(公式ページ修正されてないけど)。


ブワヤの守護タトゥーに関しては材料こそ従来通りであるものの、クリア報酬として1個確実に手に入るといった方向で収集の難易度が下がっています。


それぞれのタトゥーの性能については公式かデータサイトにて。


今から集めて間に合うものもあるので、取りあえず作っておくというのもいいかもしれません。


そんな感じで。



「ピンタドスフェスティバルのピンタドスって何?」
「知らぬ」

Rankingとぷちイベント

 
まずは吉報。


昨日の記事でおーじさんから頂いたバナーを紹介させてもらいましたが。





ranking1-1.png





そのパゥワーのおかげか、RORankingで1位になりました。


バナーをポチポチしてくれた方々にも感謝を。





そんなことがありつつも。


日課としてやることに大きな変化はなく、今日も今日とて杏仁豆腐。





grm011.png





小さな変化として、今日のメンテからぷちイベント第1弾で幾つかの狩場の経験値とドロップが2倍になっている模様。


そして、来週からの第2弾にはふれあい大神殿聖域の文字が。




puchiibent.png




すわ、杏仁ちゃん2倍か!? と意気込んだのもつかの間。



kue8e60000012wnm.jpg



男女ペアということで、対象にならなさそうな雰囲気。


ただ、アガヴとエキオが対象になるならJOB経験値が美味しくなるため、珍のJOB58を60にしておくのも手かなと。





私個人として7月1日(火)に予定していることがあるのですが、それはまた後日。


あとは現行で撮り溜めしているものや、思いつきのプチ企画等々。


最優先事項を主軸に、遊びを入れていく感じで。



果て無き道のりに一匙のユーモアを

これが職人か

 
既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが。


これまで右上に表示していたRORankingのバナーを一新しました。




             ↓コレ

  から  バナーグルーム  へ




もともとは私が自分で作ろうと思っていたものですが、どのように編集すればいいか分からずおーじさんに相談を持ちかけたところ、



お「イメージくれれば私が作るよ!」



とのことで、おーじさんのブログにあるデスペナがへるスイッチを見て今回のバナー新装を思い立った私にとっては渡りに舟の申し出でした。




ran02.png




実は右上のグルームバナーはついでに作ってくれたものであり、本来は記事の最後に付けるものが欲しかったので。


私なりに頭に描いていたイメージ画像を書き下ろして、おーじさんに送りました。


















バナー案




さ「やっぱ相対するならイフリートかなって」

お「べべの隣の文字なんて読むの?」

さ「珍」

お「ふいた」














そうして完成したのがこちら↓↓↓












さつきバナー小

さつきバナー中

さつきバナー大






おーじさんマジ職人。





そんなわけで、神職人おーじの手腕によって私のどうしようもないイメージ画像からこのような素晴らしいバナーが誕生しました。


一番下のバナーがバランス的にとても気に入ったので、これからは記事の最後に付けさせてもらおうと思います。


閲覧者の方々は、気が向いたら設置されたバナーをポチッとしてやってください。


そんな感じで。


おーじさん、本当にありがとう!!



イフリートからのデスペナがへるスイッチ

【ネタ動画】クリティカルでダメージカンスト!!【999999】




プチ企画第1弾は、『クリティカルでダメージカンストを狙おう!!』。
表示上のダメージカンストは999999。

狙うは二刀クリティカル型ギロチンクロス。
対象はROでも屈指の超DEFを誇るヴェスパーちゃん。


以前からネタとして構想自体は練っていたもののソロではなかなか届かず。
しかし今年に入って新たに実装された装備やスキルを駆使してこの度どうにか達成し、1発芸として実現。

1回だとあまりに短いので3回分。
ダメージは1Mちょっとで、実質2確ですが、これを1確の1.6Mまで伸ばそうと思うと現状2枚のカードが必須になる。


第1弾と書きましたが、第2弾の構想は今のところ無し。



最高にイカしたバナーをおーじさんが一晩で作ってくれました

クリティカルアンクレットGET!!

 
しました。


くじを引いてもまったく掠りもしなかったので露店で。



栗餡01



サバフのクロース<Cri+14>付きではあるものの、表示Criが120に。


アルナおやつとビュッシュドノエルが未使用なのでさらに+14の伸び代があり、Cri率に関しては十分なレベルに達したかなという感じ。


なので、スロットには甲帝スカラバカードを挿しました。



栗餡02




バーサーク化するとHP-1%でも1k単位の減少になるため馬鹿になりませんが、やはりここまで来たら火力に尖らせるのが良いかなと。


ちなみに、幸運のグローブから甲帝スカラバ挿しクリティカルアンクレットに換装してからのダメージの伸び具合は、



160k前後だったのが

grm015.png



180k前後くらいに

grm014.png



インペリアルフェザーからギャンブラーシールの換装だと120kから160kまで伸びましたが、それでも部位1つ変えただけで単発20kのプラスは大きい。


あくまで一例に過ぎませんが。


何にせよ、さらなる火力アップということでプチ企画にも手を付けたいと思います。


そんな感じで。


ちょっとしたネタのようなプチ企画を進行中

 
プチ企画というだけに、さして手間や時間が掛かるものでもなく。


以前からやれたらいいなー程度に思っていたものですが、今月のくじに入ったクリティカルアンクレット[1]で実現出来そうなので試してみようかなと。



img_pack2_02.jpg   img_pack2_01.jpg



アンクレット以外で欲しいのは魔タナcと麒麟くらいでしょうか。


種族中段シリーズの対天使バージョンが来ましたが、これまで集めたものも含めてギャンブラーシールでOKという状況なのでいずれ売りに出しそうです。



syuzokucyuudan.jpg




他にも売りたい装備が大量にあるものの、寝る前に露店して朝チェックしたら鯖缶しているという理不尽。


回線が貧弱なのか、最近よくネット接続が切れるのでどうしようもないですね。



ともあれ。



プチ企画の件は、うまくいけば数日中には動画をアップ出来ると思います。


他にも何か思いつきでやれたらいいなーと考えてはいますが、今のところはこれだけ。


そんな感じで。

【装備】二刀クリ型オススメの一品【クリティカルアンクレット】

 
28342.png



■クリティカルアンクレット[1]

系列 アクセサリー
DEF 3
重量 20
装備レベル 50
職 全ての職業

説明
達人同士が命を懸けた勝負をする時に身に着ける装飾品。
瞬間的に音の壁すら貫く力が付与されるらしい。

Cri + 5
Mdef + 3

[真紅のポンチョ]と共に装備時、
追加でCri +10
クリティカル攻撃で与えるダメージ +5%

[真紅のポンチョ]の
精錬値が5以上の時、
追加でクリティカル攻撃で与えるダメージ +3%

精錬値が7以上の時、
追加でクリティカル攻撃で与えるダメージ +4%





真紅のポンチョ[1]とのセット装備として実装されることになったクリティカルアンクレット[1]。


くじ産で。


同系列では既にクリティカルリングが存在するものの、どちらもアクセサリーのため1つずつ装備することが可能。


入手難易度にも拠るが、今後これが出回るようになればセット効果を最大限に生かすため肩とアクセサリー2つの固定化はほぼ必然になりそう。


しかしそれも真紅のポンチョ[1]を装備しているという前提のため、肩装備の換装によって幸運のグローブ[1]等のアクセサリーも問題なく使っていける。





さて、注目すべきその性能だが。


二刀クリティカル型の火力アップという点でもともと比類ない性能を有していた真紅セットが、今回のクリティカルアンクレット[1]によってさらに加速した。


クリティカルリングと同様、真紅のポンチョ[1]の精練値によって追加効果があるので、既存装備のまま効果を得られる点もGOOD。


そして、クリティカルアンクレット[1]と入れ替えられるであろう幸運のグローブ[1]との効果を比較すると、





+7真紅のポンチョ[1] Criダメージ+3% Mdef+5

2597.png



幸運のグローブ[1]/クリティカルリング[1]

2922_201406172053348af.png   2616_20140617205333e42.png


幸運のグローブ[1] Cri +12 Criダメージ +1% MHP +100 MSP +20
クリティカルリング[1] Cri +15 Criダメージ +12%


Cri +27 Criダメージ +16% Mdef +5 MHP +100 MSP +20






クリティカルアンクレット[1]/クリティカルリング[1]

28342.png   2616_20140617205333e42.png


クリティカルアンクレット[1] Cri +15 Criダメージ +12% Mdef +3
クリティカルリング[1] Cri +15 Criダメージ +12%


Cri +30 Criダメージ +27% Mdef +8






以上より、幸運のグローブ[1]→クリティカルアンクレット[1]への換装でプラス(あるいはマイナス)される効果は、





Cri +3 Criダメージ +11% Mdef +3 MHP -100 MSP -20





ギャンブラーシールのような劇的な変化は見られないものの、換装するには十分なプラス効果と言える。


あとは供給と相場次第。


MOBによっては2つのスロットを空けたままCri率100%が可能になるため、Cri+系カード以外の運用で悩めるのは贅沢でもあり嬉しくもある。


そんな感じで。


真紅のポンチョ[1]を肩装備として使うのであれば、クリティカルリングと併用してオススメしたい一品(繰り返すが入手難度によりけり)。

リンク追加と多様性について

 
まずはリンクの追加、1件。



桜井マチコ教授の研究記録


コメントを頂いた限りでは二刀クリティカルに関する考察を影狼で参考にして貰えているとのことで、メインはメカニックとの二強でしょうか。
影狼六代目とか凄まじい熱意!

装備に関する実地検証などもされている模様。
私としても珍に生かせる装備はないものかと日々の脳内シミュレートに余念が無いため、マチコ教授の記事で発想を得られればと思います。



そんな感じで。


これからよろしくお願いします!





grm013.jpg





話は変わって。


ここ最近、より多様性のあるステータスがあるのではないかと思い至って早数日。


ギャンブラーシール型と勝手に名付けたそれはBOSS狩りを主軸とする私にとってバランスの良いものでしたが、やはりAspd193を達成するのにチェネレカードが必須というのは汎用性に乏しいなと。


それでイフリート級のMVPまで倒せることは動画で証明したものの、R3さんのコメントにもあったように肩で耐性を取らなければ厳しい相手に対しては相性が悪い。


であれば、装備で攻撃型と耐性型に切り替えられるようなステータスにすれば、より多くのケースに対応可能な万能型とも言うべきスタイルになるのではないか。


と、実践と考察からそんなことを考えて。


前回で既にステータスリセットを行っているため、私自身で試せないことに気付く。無念。


しかし考察だけは進めているので、近いうちにステータスver2とでも銘打って記事にしようと思います。


んーむ、何の前触れも無くステータスリセット来ないかなー。

【比較考察】幸運の時空ブーツと俊敏の時空ブーツ

 
比較考察の第2弾は、『幸運の時空ブーツ』と『俊敏の時空ブーツ』。


時空ブーツエンチャントによって作成する靴であり、どちらも精練値は+6を前提に。


それぞれの性能は以下の通り。





■+6幸運の時空ブーツ


22005_20140615230044c27.png



MaxHP +500 MaxSP +50 Mdef +5

純粋なLukが120以上の時、追加でクリティカル攻撃で与えるダメージ +34%







■+6俊敏の時空ブーツ


22002.png



MaxHP +500 MaxSP +50 Mdef +5

純粋なAgiが120以上の時、追加でAspd +1 / Aspd +6%








前回と同様、クリティカルダメージか攻撃速度か。


両方の性能を引き出すためにはAgi120/Luk120という尖ったステータスが必要だが、そうする意味があるかどうかは今回の考察を参考にして欲しい。


また、前回の記事でクリティカルダメージのダメージ増加量は加算値のまま単純に増加しないというコメントを頂いた。


前回はもともと『チェネレカード』が優勢だったため触れなかったが、今回はそれについても考慮したいと思う。



※以下、大幅に訂正。
(2014/6/22にダメージ増加量の件で再修正)




さて、そうなると少し小難しい話になる。


まずクリティカルダメージについてだが、クリティカルの基本倍率は140%であり、装備によるダメージ+○○%という値は乗算ではなく加算になる。


頂いたコメントかららとりおで再計算したところ、


基本倍率(140%)の計算後に装備による倍率が乗算されており、装備の合計値は加算になっている模様。


仮に、Luk120時にギャンブラーシールと+7真紅セットと幸運の時空ブーツを装備した場合、






30%(Gシール)+15%(+7真紅セット)+30%(幸運時空)=75%


結果、装備合計のダメージ倍率75%が純粋な値として最終ダメージ(?)に乗算されるが、
各装備は加算のため重ねれば重ねるほどダメージ増加量は低くなる。


要するに、Gシール装備時130%として+7真紅セットで145%になる場合、割合としての増加量は11.5%であるといった感じになる。






上記より、加算された『幸運の時空ブーツ』の増加量は単純に+30%でないことが分かる。


それを踏まえて、今回はギャンブラーシールと+7真紅セットを装備した上で『幸運の時空ブーツ』と『俊敏の時空ブーツ』を比較するのが良いと判断した。





■クリティカルとAspdのダメージ増加量



以下、『幸運の時空ブーツ』はギャンブラーシールと+7真紅セットを前提とし、『俊敏の時空ブーツ』はHSPと濃縮サラマインジュースを使用した後の増加量を。






■+6幸運の時空ブーツ


22005_20140615230044c27.png



☆クリティカルダメージ増加量

=145%+34%
=179%
=179%÷145%=23.4%



=34%
(※装備によるクリティカルダメージは加算のため重ねるほど増加量は低くなる)





■+6俊敏の時空ブーツ
(HSP+濃縮サラマインジュース使用時)

22002.png


☆基本Aspd=187.9


☆Aspdダメージ増加量


187→188=Aspd+1=8.3%

187.9(187)→189.7(189)=Aspd+2=18.2%

187→190=Aspd+3=30%







以上、単品による『俊敏の時空ブーツ』の繰り上がりはAspd+2になるが、この時点だと『幸運の時空ブーツ』がやや優勢であり、Aspd+3でそれを上回る。


Aspdは193まで繰り上がるほどダメージ増加量が高くなるため、重ねるほど増加量の低くなるクリティカルダメージとは違い伸び代は大きい。


つまり、




二刀クリティカル型ギロチンクロスにとっては、どちらも装備の選択肢となり得る。




と、このような結論となった。


それが装備の組み合わせ次第であることに変わりは無く。


それを一つ一つ紐解いていくのは相当に骨の折れる作業であるため、今回は『俊敏の時空ブーツ』も考慮する装備のひとつであるとして頭の片隅に置いて貰えればと思う。

【動画】(神器MVPc無し)Lv165傷痕EDP二刀クリ珍でMVP19種




今回は神器MVPc等の特殊装備を用いず、供給的に入手可能な装備によるMVP討伐。
その中で二刀クリティカル型がどれだけのMVPをやれるのかという挑戦とパフォーマンス的な意図も込めて。


討伐したMVPは順に、

ダークロード/バフォメット/ドラキュラ/ドッペルゲンガー
オークヒーロー/オークロード/ファラオ/ハティー/ストームナイト
ドレイク/タートルジェネラル/ゴピニク/ペクソジン
アトロス/イグニゼム=セニア(MVP)/ロードオブデス/怨霊武士
クトルラナックス/イフリート



動画で公開している通り、装備はほぼ固定。
属性で服を入れ替え、破壊耐性で左手を持ち替え、人間/動物種族でチャナックカード挿しアクセサリーを付け替える程度。


基本は火力に特化させた装備で速攻戦を仕掛け、爆裂や即死級スキルを使わせる前に倒すという『殺られるまえに殺れ』のスタイル。
攻撃は最大の防御とも言うが、耐性を落としてでも(最低限は必要だが)それがおそらく最も安全で早い。

その要ともなるAspdは、Agi110の時、『HSP/濃縮サラマイン/Job58補正(Agi+8)/狐耳鈴リボン/チェネレカード/攻撃速度3/彷徨う者(ペット)』で193になる。
装備の組み合わせのひとつとして参考までに。


消耗品は『HSP/濃縮サラマイン/HP増加P大/属性コンバ/属性レジポ/毒瓶(EDP)』で、『アルナベルツ産おやつ/ビュッシュ・ド・ノエル』は終盤の2体のみ。
回復財はおいしい魚をメインに、怨霊武士以降はWSPやイグ種を。

以上、対MVPの消費としてはかなり節約出来ていると思われる。
何度も繰り返し倒すのであればコスト削減をして損はないし、ギャンブラーシールのおかげでCri+の消耗品を使わずに済むという点は大きい。


そんな感じで。


不在やBGMの都合で19体になったものの、実際はもっと多くのMVPを狩ることが可能なのは言うまでもない。
個人的には装備を縛った状態でイフリートを倒した時点で、二刀クリティカル型としてのポテンシャルを大分引き出せたのではないかと考えている。


ならば、なぜドレイクカード等のMVPカードで火力を強化するのかと言うと、それはひとえに『運の要素を減らし、勝率を底上げするため』に他ならない。

仮に撃破に20秒掛かるところを10秒に短縮出来ればそれだけ被弾も減り、即死級スキルの使用頻度を減らすことにも繋がる。
それはこれまでにアップしたイフリート動画を比較してもらえれば、早ければ早いほど安定感が増しているというのが目に見えて分かりやすいかもしれない。


かと言って、ドレイクカード等の特殊装備が必須だと言う気は無く、もちろんあったらあったで世界が変わるものなので、目標とするにはもってこいのカードではある。
しかしそうしたものがなくともここまでやれるという証明として、今回の動画をアップした次第。

【比較考察】ペタルカードとチェネレカード

 
比較考察の第1弾は、『ペタルカード』と『チェネレカード』。


肩にかけるものに挿すカードであり、二刀クリティカル型のギロチンクロスにとっては火力アップのためにどちらを使うべきかと悩むだけの性能を有している。


それぞれのカード効果は以下の通り。





■ペタルカード


4594.png



純粋なLukが10上がる度に追加でクリティカル攻撃で与えるダメージ +2%






■チェネレカード


4595.png



純粋なAgiが10上がる度に追加で攻撃速度 +2%







要は、クリティカルダメージか攻撃速度か。


二刀クリティカル型で使用することを前提にしているためLuk120と考えると、『ペタルカード』で上昇するクリティカルダメージは+24%である。


ここで留意したいのは『チェネレカード』の攻撃速度増加は、Aspdの繰り上がりに影響するということ。


これは仮にAgi100とした場合、『チェネレカード』による攻撃速度の増加は+20%だが、単純にダメージが+20%されるわけではないことを意味する。


重要なのは、『チェネレカード』でどれだけAspdが繰り上がるか。


それによってダメージ量は大きく変動し、結果としてLuk120時の『ペタルカード』を上回ったりも下回ったりもする。


長々と説明することでもないので、以下の数値を参考にしてもらいたい。





■Aspdとダメージの増加量



☆を基本Aspdとして『チェネレカード』を装備した際のAspd毎のダメージ量の変動を数値に。


数値を見れば分かると思うが、青文字は『ペタルカード』>『チェネレカード』で、赤文字は『チェネレカード』>『ペタルカード』であることを表している。






☆Aspd185
├186  7.14%
├187  15.4%
└188  25%

☆Aspd186
├187  7.69%
├188  16.7%
└189  27.3%

☆Aspd187
├188  8.33%
├189  18.2%
└190  30%

☆Aspd188
├189  9.09%
├190  20%
└191  33.3%

☆Aspd189
├190  10%
├191  22.2%
└192  37.5%

☆Aspd190
├191  11.1%
├192  25%
└193  42.9%

☆Aspd191
├192  12.5%
└193  28.6%

☆Aspd192
└193  14.3%







Apsd+3↑になると『チェネレカード』の方が火力アップとして優勢になる。


また、基本Aspdが高くなるにつれ変動したAspdによるダメージ量が僅かに増加していく傾向にあり、基本Aspd190では+2の繰り上がりで『ペタルカード』を上回る結果となった。


ただ基本Aspd192では『チェネレカード』の効果がほとんど意味をなさなくなるため、『ペタルカード』の単純なダメージ増加に軍配が上がる。


火力アップとしてどちらを選択するかは個々のAgi値や装備に拠るのは当然ではあるが、おそらく余程特殊な環境でもない限りは『チェネレカード』が優秀であると考える。


私から言えるのは、よくよくシミュレートをした上で、財布と相談しながら自分なりの最適装備を作成して欲しいということ。


今回の比較考察がその一助になればと思う。

【動画】Lv165傷痕EDPバーサーク二刀クリ珍で魔王モロク




約1年振りの再戦、魔王モロク。
今年の秋には魔王関連のアップデートが予定されているので、いずれは人間の姿をした魔王モロクと戦うことになるでしょう。


結果としては、死亡回数2。
湧き即戦闘で取り巻き召喚→圧死した1回目と、ダーククローのCTが残っていた2回目で、その辺りを改善すれば1回の死亡でいけるかなという感じ。

現状、ソロでの無死亡撃破は不可能に近い。
しかしいつかやる、それもまたひとつの目標として。

【考察】二刀クリティカル型のステータス振りver1【ギャンブラーシール型】

 
二刀クリティカルすてーたす





■二刀クリティカル型のステータス振り



今回は二刀クリティカル型のステータス振りに関する私見を。


ギロチンクロスという職の中で幾つかに分けられる『型』。


その中で『二刀クリティカル型』と呼ばれる型のステータスの自由度は、他の型と比べても高いとは言いづらい。


もちろん個々の嗜好や環境によって大きな差を付けることは可能だが、今回はあくまでテンプレートとも言えるステータス振りについて考察したい。





■ギャンブラーシールとLuk値



現状、二刀クリティカル型にとって頭中段装備はこれ以外に考えられないと言い切っても差し支えないほどの性能を誇る『ギャンブラーシール』


5918.png



Cri + 3 クリティカル攻撃で与えるダメージ + 3%
純粋なLukが10上がる度に追加でCri + 1 Atk + 2 Matk + 2
純粋なLukが108以上の時、追加でCri + 5 クリティカル攻撃で与えるダメージ + 10%
純粋なLukが120以上の時、追加でCri + 10 クリティカル攻撃で与えるダメージ + 17%
純粋なDexが10上がる度に追加でクリティカル攻撃で与えるダメージ-2%






その大前提っぷりは既に『型』と呼べる領域である。


故に、ステータスもその効果を最大限に生かすことを考えるなら、



すてーたす01




まずはLuk120に。
(※これが転職直後のLv100付近であればポイント的に無理があるためLukは30~60に抑え、インペリアルフェザーを前提としたAgi108を優先的に振りたい)


ギャンブラーシールはLuk108でも十分な性能を発揮するが、Luk120にすることで『幸運の時空ブーツ』の追加効果も同時に得ることが出来る。


22005_20140610220448082.png




MaxHP + 300 MaxSP + 30 Mdef + 5
純粋なLukが120以上の時、追加でクリティカル攻撃で与えるダメージ + 30%
[幸運の時空ブーツ]の精錬値が3上がる度に追加で
MaxHP + 100 MaxSP + 10 クリティカル攻撃で与えるダメージ + 2%






この時、Luk120とギャンブラーシール、幸運の時空ブーツを合わせたステータスの上昇値は下記の通り。





MaxHP +300 / MaxSP +30 / Mdef +5
ATK +64 / MATK +64
Hit +40 / Cri +70 / Criダメージ +60%
FLEE +24 / 完全回避 +12 / 呪い混乱 無効化

[幸運の時空ブーツ]の精錬値が3上がる度に追加で
MaxHP + 100 MaxSP + 10 クリティカル攻撃で与えるダメージ + 2%






二刀クリティカル型の悩みの種であるはずのCri率も大きく上昇し、消耗品や他の部位で追加すれば大半のMOBでCri率100%も達成可能なレベルになっている。


呪い混乱無効化のメリットは言うまでもなく、ATKやHit、FLEE等の重要ステータスが上がるのも地味に嬉しい。





■チェネレカードとAgi値



次はAgiの値について。


AgiはAspdを上昇させるステータスであり、二刀クリティカル型にとっても火力の向上には欠かせない。


しかし他の型と異なるのは『インペリアルフェザー』や『俊敏の時空ブーツ』を装備することが推奨されないため、Aspdを上げることが難しい点にある。


これを解決するのが『チェネレカード』である。



4595.png




純粋なAgiが10上がる度に追加で攻撃速度 +2%





肩カードのため耐久を犠牲にしても問題ない場合のみという制限はあるものの、Agi値によって2~3ものAspdを上げることが可能になる。


JOB60(Agi+9)かつ二刀(短剣)の時、ハイスピードポーションと濃縮サラマインジュースの使用を前提としてAgiと装備によって変動するAspdは、






☆Agi100 185.6

+幸運の時空ブーツ<攻撃速度3>(+8%) 186.8
+チェネレカード挿し肩(+20%) 190

+水牛の角(Aspd+1) 191
or狐耳鈴リボン(+10%/Agi+2) 191.8



☆Agi110 186.7

+幸運の時空ブーツ<攻撃速度3>(+8%) 187.9
+チェネレカード挿し肩(+22%) 191.1

+水牛の角(Aspd+1) 192.1
or狐耳鈴リボン(+10%/Agi+2) 192.7



☆Agi120 187.9

+幸運の時空ブーツ<攻撃速度3>(+8%) 189
+チェネレカード挿し肩(+24%) 192.2

+水牛の角(Aspd+1) 193
or狐耳鈴リボン(+10%/Agi+2) 193






以上より、個人的にはAgi110をオススメしたい。



すてーたす2




理由としてはAgi110でも装備次第で193が可能になることと、残りのポイントをStrとVitに振り分けた際にキリの良い値になるからである。


ただ、Agiに関しては最適解は無いと考えている。


私自身の装備と他ステータスのバランスを考慮した上での結論がAgi110というだけであり、各々用意出来る装備との兼ね合いで存分に悩んでもらいたい。





■Str値とVit値



残ったポイントを割り振るとなれば、StrとVitになるだろう。


これはもう正直好みというか、前述したAgiによってポイントも変動するのでそれを踏まえた上で考えるだけで良い。


仮にAgi110の場合、Str92/Vit94でそれぞれ補正込み100となる。
(※余った4ポイントをDexに振って完成)



すてーたす3






■総括



以上が私の考える『ギャンブラーシールを前提とした二刀クリティカル型のステータス』である。


最初にテンプレートと言いはしたが、無論これが誰にでも当てはまる最適なステータス振りであるとは考えていない。


それでもこれが二刀クリティカル型のステータス振りに悩む方にとってのひとつの参考になればと思う。


そして最後に。


(神器やMVPc等の特殊装備無しの)このステータスの二刀クリティカル珍で、どれだけのMVPを倒せるのか。


機を見て挑戦しながら、いずれ動画をアップ出来ればと。





そんな感じで、書き終わって見直しして。


裸でなく、それぞれのSSで焦点を当てた装備を付けておけば良かったと思ったものの、後の祭りだったという。
ステータス振り切ったVerで1枚目からネタバレになるが、SS差し替え。

足りない時間と持て余す日々

 
暇なのに時間が足りないという矛盾。


休日にのんびりするのは好きですが、そうした時間はあっという間に過ぎるもので。



grm010.jpg



MVPは相変わらずの狙い撃ち。


そろそろc帖が200個になるかなーという感じですが、カードの気配は無し。


確率的には2500個で1枚なので先は長い、果てしなく。



grm012.jpg



今後やりたいことは大別して2つ。


合間合間に余興を挟むにせよ、その2つは時間をかけてもやり遂げたい。


まぁそれ自体はずっと言っていることですし、変わりは無し。



grm011.jpg



私は暇なときよくブログ巡りをしていますが、高い頻度で更新されているブログを閲覧するとやる気が湧いてくると言いますか。


そうした触発的なのもあって、私もここ最近は頻度多めに。


内容まで濃く有意義なものにするとなるとなかなか大変ではありますが、二刀クリティカルに関して書きたいこともまだあるのでそれも追々。


そんな感じで。




追記:


現在は考察系の記事を書き溜め中。


特に検索ワード上位の二刀クリティカル関連は、爆裂ベベ等の特殊装備無しでの運用も視野に入れながら。


しかし最近ほんと暑くなったなぁ、PCの熱で溶けてしまいそう。

【動画】Lv165傷痕EDPバーサーク二刀クリ珍で女王フェイスワーム




金色オーラ二刀クリ珍のメモD動画その6は、女王フェイスワーム。
ケイオスとアイリスのフェイスワーム探索隊によって発見された女王を討伐するストーリー。


0:00~ 会話
1:08~ 戦闘
2:41~ 宝箱


PT人数によってMHPが増加し、1人でも28MというこれまでのBOSSとは比べ物にならないほどタフなMVP。

ブーストはレジポを除いた基本7点セット+オルレアンのフルコース、Str+20料理、高級戦闘薬、アロエベラ、恨みの箱。
基本7点セットは、HSP、濃縮サラマイン、HP大、アルナおやつ、ノエル、属性付与、毒薬の瓶(EDP)。

今回は『時空英雄戦記』という期間限定の支援もあり、物理ダメージ+20%、ダメージ軽減+20%の恩恵に授かっている。


そうした数々のブーストのおかげか、意外なほど楽に倒せたように思う。
何にしても、二刀クリティカル型ギロチンクロスのMVP討伐目録にまたひとつの結果が刻まれたということで。

珍ソロで女王フェイスワーム撃破!

 
 
 
これでニーズヘッグの巣、GHMD、封印神殿、ホラーおもちゃ工場、ゲフェン魔法大会に次いで女王フェイスワームの巣もクリア。



jyouou002.png



-反省点-


光速幸運靴を履き忘れてAspd192(ションボリ)。


時空英雄の支援を貰い忘れ(ウッカリ)。





上記の事情により今回の動画アップは保留ということで。


時空英雄の支援は正直どうでもいい(というより無しで狩れると分かったのは収穫だった)のですが、やはりAspd193じゃないと爽快感がイマイチ。


ただ今回は変身の引きが良かったり、卵を召喚しなかったりで、結果としてジーク2個のみで狩れたという面もあり。


また後日動画用のを撮り直そうとは思っていますが、うまく狩れるかどうかは運次第。


何度かやってどうしてもスムーズに狩れないようなら今回のを使うかもしれません。


そんな感じで。





これで心置きなく次なるMVPへの準備と挑戦が出来ます。


と言っても、準備は大体終わっているのであとはやってみるだけ。

さらなる刺激を求めて

 
まずはその前に、倒すべき相手を倒すべく。


現在、『時空英雄戦記』なるものが期間限定で実装されており、挑戦のタイミングとしてはまさに打って付け。



kue8e60000012lf8.jpg



珍ソロで全MVPを狩るという目標のもと、狙うはかの女王。


過去に挑戦したのは2度、しかしそのどちらも圧倒的敗北を喫した。


果たして今回はその壁を打ち破れるのか。


否! 打ち破ってみせる!


その勝ち鬨を、新たなフェイズへの幕開けとするために―――ッ!!

【動画】Lv165EDPバーサーク二刀クリ珍でクラーケン*2




しばらく振りに戦うこととなった海底神殿の主、クラーケン。
本体のWBや取り巻きの高ATKもさることながら、状態異常のオンパレードが何よりも厄介なMVP。

接近する前に一瞬でSPが0になる上に沈黙までやってくるため、ダーククローは諦めて初手バーサークで。
耐性をほとんど取っていないせいで撃破の余韻に浸っていると残滓のWBで死ぬ。

1戦目は武器を間違えたのでダメージが低め、2戦目は修正。
バーサークを移動時にやって引っかかったりしたので、使用してから移動の方が良かったとか細かい反省点も。


ともあれ、実装当初のMHPが現在では半分になっているのが救いと言えば救いだろうか。
イグ種実搭載とは言え、よく倒せたものだと。

取り巻きは1体まで削れるが、Lv165のハルシネーションウォーク有りの珍なら本体+取り巻き4体までは95%回避が可能と思われる。
あとは石化凍結対策の㌦服に水耐性でガッチリ固めればバーサークのような火力のごり押しでなくとも何とかならないだろうかと考えてはいる。

イカちゃんを侮っていた感は否めない

 
久しぶりに二刀珍でやってみましたが、それはもう床ペロの嵐で。


イカちゃんこんなに強かったっけなーという印象。


四天王ならぬ五天王として指名したいくらい。


しかしよく考えればこれまで数回しか倒したことの無かったMVPで、随分前にアップした動画もイグ種イグ実使用の料理ブースト有りだったという。


相性もあると思いますが、これならイフリートの方が余程やりやすい。



ika001.png



それでも問題点や改善点は明確になったので、目下の課題は装備の見直し。


倒して旨みのあるMVPではありませんが、先々のことを考えれば無駄にはならないはず。


とまぁ、それはそれとして。


何度も床ペロさせられてくやしかったので、次は二刀クリ珍で瞬殺しよう。


なんか前にもこんなこと書いたような気がするけど。

【動画】Lv165傷痕EDPバーサーク二刀クリ珍でイフ*2/魔タナ思念体




遂に料理ブースト無しでのイフリート撃破に成功。
追加でスペシャルDにて遭遇した魔剣士タナトスの思念体を。


消耗品はHSP/濃縮サラマイン/HP増加大/アルナおやつ/ビュッシュドノエル/属性コンバ/属性レジポ/毒瓶の基本8点セット。

アクセはCri率優先で。
このときAspd192で水牛もしくはIA10があれば193、バーサーク未使用時のチェネレ真紅装備時のAspdも考慮してAgiを吟味したいところ。


イフはフルストがあるためダーククローからの1マス空けは変わらず、仮にフルストされた場合は即離脱で立て直し。

魔タナは取り巻きを悲しみのみにして特攻。
棚クエストをしたことがないのでこれが初見だったが、支援もあってかどうにか削り切ることが出来た。
Counter
Flash Calender
珍+爆裂ベベ29世ちゃん

さつき

Author:さつき
二刀クリ珍をメインに戯言や考察を気ままに書き綴る。
MVPのソロ撃破動画有。

気軽にコメントや拍手などをしていただけると嬉しいです。
(拍手返信は拍手先で稀に)

当ブログはリンクフリーです。
リンクを貼る際に一報下されば、こちらからもリンクを貼らせていただきます。(425.349)

Contents
Archives
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
New!!
Comment
RSS Rink
PageRanking
Rink
頂きもの
おーじ(そうだ、デスペナもらおう)
 
   
ぽあだむさん(breidablik鯖金策少女ぽあだむ)
   
イスタンコさん(ソリストのET)
     
じゅうきさん(じゅうきのRO奮闘記~プロ北の落ちこぼれ~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。