スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカ足職人お払い箱の危機!?

 
先日のメンテナンス情報より。


以下、赤線にて。





patch01.png




これが示す意味はただひとつ。


9層のBOSSを倒せば、自動的にイカ足も消えるということ!!


この仕様変更によって9層はこれまで以上にBOSSへの火力圧縮という戦略が取られるようになるのでしょうか。


もしそうなれば、より迅速なBOSSの発見と撃破が課題になりますね。


同時に今後のイカ足職人の仕事場が危ぶまれます。


ちなみに、3種のBOSSがそれぞれ基準となるMVPのステータスと同値(MHPのみ15M固定)だった場合の私の珍単体による撃破時間は、



(※ダーククローの傷痕状態で)



3286.gif

ケッツァーガイスト 念4

秒間与ダメ 1367098.93
撃破時間 10.97秒


3287.gif

リヒトヴォルフ 聖4

秒間与ダメ 2338352.86
撃破時間 6.41秒


3288.gif

ナハトメートヒェン 闇4

秒間与ダメ 2102171.43
撃破時間 7.14秒






ケッツァーガイストとナハトメートヒェンはオラティオによる聖属性ダメージアップでさらに短縮できるので、可能ならABの方にお願いしてみるのもありかなーとも。


何にせよ、今宵のMHはイカ足が湧いていなければBOSSをサーチアンドデストロイ。


そんな感じで。



「布陣を整えるためにテンタクルスの処理は必要になりそうだがな」
「湧くまでに数分でも時間があれば試してみようかなって」
スポンサーサイト

あっさり風味

 
ちょっとした理由でここ2-3日はログイン率が減り気味。


それでも日課だけは欠かさず、カードが出るまではやめられない。



grm017.png



そんな感じで。



「今宵は実にあっさりとした記事だな」
「たまには中身の無い記事も……次回はちゃんと考察でもしようかな」

モンスターハウスとミテマス2


毎度お馴染み、モンスターハウスにてミテマス3件。


金剛修羅、バリアメカという対イカ足の鉄壁に並ぶ耐久力を持つRGさん。



mitemasu025.jpg



Sig鯖ではエリアF,G,Hと3つに分散するほどの参加者がいるため、毎回同じエリアというわけではありませんが。


基本は上記2職がイカ足を抱えているため、同PTでなくとも目立つ存在です。





あとはWISでミテマスを頂いたり。


参加者でごった返していたので、キャラクターを捕捉出来なかったのが残念。



mitemasu026.jpg



しかしこのWIS、私もそろそろイカ職人として認知されて来たということでしょうか。


一応、雑魚MOBを始め、赤い魚とかRGGもちゃんと倒してますからね(念のため)。


特に9層は生体やリヒテルン系、羊羹やRGGとタフいMOBが湧くので、バーサークの火力で即仕留めたり。


爆裂状態の生体系と触れ合うと返り討ちにあったりもしますが。





最後は攻略完了後のミテマス。


結果として、今回捌いたイカ足の数は30本。



mitemasu027.jpg



青タニーが北ベース付近に湧いていたらしく、復帰しやすくするためにテンキー7と1、若干9のイカ足を処理したくらい。


BOSSの初期配置にもよりますが、復帰からの戦力増強+クリア報酬を促すのであれば、テンキー7と9のイカ足は処理しておいた方が良さそうな気がします。


きっちり処理しても時間が十分余るくらい攻略が早いというのも理由のひとつ。





ただ、参加人数的にも戦略を徹底させるのはほぼ不可能に近いので、私はあくまで一個の戦術として今後もイカ足を狩るのみ。


そんな感じで。



「もっと早く狩れぬものか」
「そこは突き詰めて考えたいね、BOSS度外視で特化させてもいいかもしれない」

【検証】酸素ボンベ[1]のAspd増加率

 
■酸素ボンベ[1]とは


20759.png


酸素ボンベ[1]

新鮮な空気が充填されているダイビング用のボンベ。
水陸問わずどんな状況でも活用できるように
様々な機能が内蔵された冒険者向けハイエンドモデル。
—————————————
[酸素ボンベ]の精錬値が3上がる度に追加でAtk + 5
—————————————
[彷徨う者カード]と共に装備時、
追加でスキル使用時の消費SP - 5%
—————————————
[ドラゴンテイルカード]と共に装備時、
追加でBaseLvが高い程、攻撃速度が増加

—————————————
[ハーピーカード]と共に装備時、
追加でBaseLvが高い程、[ファイアーウォール]で与えるダメージが増加
—————————————
系列 : 肩にかける物
防御 : 0
重量 : 50
要求レベル : 50
装備 : 全ての職業



2014年の夏に行われたイベントにて実装された新装備。

部位は「肩にかけるもの」で、上記の通り、挿すカードによって様々な追加効果を得られるようになっている。

今回はギロチンクロスで使用するという観点から、Aspdが増加する「ドラゴンテイルカード」挿しの酸素ボンベ[1]について検証と考察をしていく。





■酸素ボンベオブボウマスターのAspd増加率



まずは結論から。

BaseLvによって変動する『酸素ボンベオブボウマスター』のAspd増加率の計算式は、






Aspd増加率 = BaseLv / 20 %(小数点以下切り捨て)






以上。

細かい検証の内容は省くが、簡潔に書けば、






Base79 酸素ボンベオブボウマスター=Aspd+3.95%

パターン1 : Aspd+3% パターン2 : Aspd+4%


2パターンでAspdの繰り上がるAgiを加算し、『酸素ボンベオブボウマスター』と比較した結果、パターン1と同条件でのApsdの繰り上がりを確認したため。







このような感じで。

「ドラゴンテイルカード」にはカード効果としてAgi+1があることも忘れず検証している。

また、小数点以下切り捨てによるBaseLvでのAspd変動は、






BaseLv50~59    2%
BaseLv60~79    3%
BaseLv80~99    4%
BaseLv100~119  5%
BaseLv120~139  6%
BaseLv140~159  7%
BaseLv160~165  8%







上記のように、一定範囲内で一律の単純な数値となる。





■酸素ボンベオブボウマスターの使い道



ここで比較対象となるのは同部位でAspdの増加する「チェネレカード」だが、こちらは純粋なAgi+10毎にAspd+2%という圧倒的な性能を有している。

これが無ければ「肩にかけるもの」でAspdを上げるひとつの選択肢たり得たはずである。

或いは、BaseLvによる割合が20ではなく10であったならとも。

しかし現状ではあくまで「チェネレカード」を入手するまでの繋ぎと見るのが妥当であり、最終装備とするにはやや厳しいと言わざるを得ない。



ただ、極めて個人的な予測を言わせてもらうならば。

今後、「彷徨う者セット」のように他部位やペット等とのセットで追加効果を発揮するような仕様が、酸素ボンベ[1]に付加されるのではないかと考えている。

無論、確証はまったく無い。

よって、この妄言を鵜呑みにする必要は欠片も無いが。

懐事情が許すのであれば、もしくは「迷宮」や「海底調査」で入手したのであれば、最低1個は確保しておいても良いのではないかとススメておきたい。

そんな感じで。



「攻撃速度の増加率としては悪くないと思うのだがな」
「チェネレカードと比較するとどうしてもね、もう一押し欲しい感じかな」

「迷宮」のBOSS動画は

 
編集までしましたが、あっさり過ぎて微妙な感じになってしまったのでアップは無しで。


やはりもっと血湧き肉踊るような戦闘でないとダメですね。


ひとつ気になるのが、前回の黒蛇王召喚後におーじさんより送られて来た一枚のSS。


「地獄」に居たらしいこの紫と緑の怪魚。



m206.jpg



この時はバリケードに塞がれていて通過出来なかったようですが、果たしてこれと戦闘する術はあるのかどうか。


MVP感はまったくありませんが。





それはそれとして。


イベントをのんびり消化しつつ、恒例となったモンスターハウスへの参加も欠かさず。


前回、前々回と100人に満たない人数でも早々にクリア出来た辺り、全体的に慣れてきた感じがあります。


私個人としてもイカ捌きの他にやることも見えてきたので多少は貢献出来ているかなと。


待機時間では偶に知り合いの方に会ったり。



mitema025.jpg



ソロではまず味わえない交流というのもモンスターハウスの醍醐味でしょうか。


ポイントで貰えるアイテムやSEに興味は無いので、あくまで趣味的に、今後も楽しめる限りは参加していこうと思います。


更に難易度が上がるであろう「上級」の実装も今から待ち遠しいですね。





あと、「迷宮」とラヘル→まにゃん島を行ったり来たりしていた時にミテマスを頂きました。



mitemasu023.png



WISで声をかけてもらうのは久しぶりなような。


しかし相変わらず私の返答は個性が無いので、もうちょっと奇抜な受け答えをした方がいいのだろうかと考えたりもします。





そんな感じで。


熱気耐性の無い私とPCをクーラーという文明の利器で保護しながら、今日もまた杏仁豆腐を狩って就寝。



grm016.png





「冥府魔道に堕ちた我の眠りを妨げるのは貴様か―――とか」
「もうブログ見ませんって言われるからねそれ」

まにゃん島の「迷宮」に誘われて

 
今日のメンテから3週間のイベントとして色々と実装されましたが。


特にやることもないのでスルーしようとしていたところ、おーじさんからお誘いがあったため、まにゃん島の「迷宮」とやらへ。


手順としては通路を移動して部屋のMOBを倒して、最後はその階層のBOSSを倒す感じ。


階層は1~4まであり、更に各所で貰えるトークンと呼ばれるポイントを2,000消費して「地獄」へ行けるように。





第1階層はデカいクリスタル。


md001.png



第2階層はビッグなバドン。


md002.png



第3階層はバフォJrが乗ったRSX-0806(大)。


md003.png



第4階層はキングポリン。


md004.png






で、「地獄」への扉を開いて辿り着いた先には―――





MVPを湧かせるために15,000トークン(割勘で5,000ずつ)が必要というメッセージ。



md005.png



稼いだトークンは大体2,500-3,000で、3人PTなら2回目で湧かせられそうなくらいの難易度でしたが。


2回目に挑戦したものの時間制限によりタイムアウト。


3回目では雑魚部屋をすっ飛ばしてBOSSオンリーで「地獄」まで行き、ようやく悪夢とやらでMVPを召喚した結果。










md006.png



トークンが15,000から1,500くらいに緩和されるまで、二度と行くことはないかなーと思った夏の夜でした、まる。



「ソロでは厳しいのか」
「厳しいのもそうだし、割に合わないかな」

地獄の門と果て無き暴虐

 
開かれたるは地獄の門。


独りそこを抜け、辿り着いた最深部には成れの果て。



seitai001.png



「ああ、これは無理だ」と心が折れそうになるほどの暴虐。


しかしこれを成し得ないことには、掲げた目標を達成したことにはならない。


可能な限りを尽くそう。


撃破するというただ一点のために、あらゆる方法を模索して。


なぜなら、これが私にとっての最終決戦だから。



「遂に挑む時が来たか」
「一撃も入れることなく瞬殺されたけどね」

【考察】デビルリングカードとMVP

 
■デビルリングカードとは



4174_201407201049337aa.png
無属性攻撃に対する耐性+50%
無属性以外の攻撃に対する耐性-50%




上記の効果を持つ肩にかけるもの挿しカードのこと。


無属性に対する耐性は他の追従を許さないほど劇的だが、その他すべての属性に対して脆弱になるという欠点もある。


その明確なメリットとデメリットから、決して万能とは言えないものの。


使いどころを見極め、用法・容量を守って正しく運用することが出来れば、これほど頼れる存在も無いと言えるほどのカードである。





■デビルリングカードの効果に適したMVP



これはあくまで私の経験によるものであるが、少なくとも以下のMVPに関してはデビルリングカードが有効であると考える。





無属性攻撃&スキル系


dracula_201407201101433f1.gif  dark_lord_2014072011014169d.gif  tao_gunka_201407201101464e4.gif  leak_2014072011014447e.gif  queen_scaraba_20140720110230826.gif



属性耐性を鎧で補うことが可能であり、かつ無属性耐性の効果が高いMVP5種。
いずれもラッシュアタックを使用しないため無くても問題はないが、あれば撃破までのダメージ総量及び回復財の消耗を減らすことが出来る。




ラッシュアタック系


phreeoni_20140720110555624.gif  osiris_201407201105587e0.gif  lady_tanee_2014072011055645d.gif  pharaoh_20140720110559388.gif
ink_king_20140720110616ceb.gif  maya_20140720110617cd7.gif  rsx-0806_20140720110601f32.gif  apocalips_h_2014072011061999c.gif



ATK/DEX3倍のラッシュアタックを使用するMVP8種。
デビルリングカードの効果を感じられるのがこのときで、3倍化した通常攻撃の被ダメージの軽減は単純ながらも目に見えて分かりやすい。





ラッシュアタック&即死級スキル系


doppelganger_20140720111444879.gif  orc_hero_20140720111445d71.gif  incantation_samurai_20140720111447caa.gif  lord_of_death_201407201114493e9.gif  atros_20140720142434238.gif


ラッシュアタックに加え、(デビルリングカードで軽減可能な)即死級のスキルを使用するMVP5種。
火力密度を上げる2HQであったり、無属性の高火力スキルであるSpP、HJ、BdS、パルス等を軽減出来るメリットは大きい。

デビルリングカードで即死を免れるという事も決して少なくは無い。
火力に直接影響するものではないが、死の危険を大幅に減らしてくれる耐久性能は対MVPにおいて唯一無二と言っても過言ではない。





五天王



kraken_2014072011214985c.gif  ktullanux_2014072011214822e.gif  ifrit_2014072011214632e.gif  g_randgris_2014072011214525d.gif  beelzebub__20140720112151eec.gif



今回は特別枠として、五天王とデビルリングカードの相性について記述したい。



クラーケン


相性は最悪。

クラーケンが使用する高威力WBを軽減することが第一目的であり、取り巻きのテンタクルスからの被弾はハルシネーションウォークで95%回避が基本である。

よって、ハルシ状態でも50%しか回避出来ないWBの威力を上げてしまうデビルリングカードの出番は無い。



クトルラナックス


相性は最悪。

クトルラナックスにおける死亡要因は高威力WBやSG、ランダム属性攻撃である。

特に完全耐性を取ることが不可能なランダム属性攻撃はラッシュアタックとの併用で脅威となるため、ここでもデビルリングカードの出番は無いと見て良い。



イフリート


相性は極めて良好。

イフリートの攻撃属性は火と無で構成されているため、鎧で耐性を取ればデビルリングカードでも即死することはまず無い。

EQ対策でゴーストリングカード挿しに換装したときのみ火属性攻撃の被弾がやや危険水域に入るが、ハルシ状態で95%回避が可能であり、HPを満タン近くに維持することで即死は避けられる。

何よりイフリート戦で最も死亡率が高いラッシュアタック&2HQモードでの被弾を軽減出来る点で、デビルリングカードの恩恵は絶大である。



ランドグリス


相性は最悪。

ランドグリスの攻撃属性は聖、風、無であり、いずれも即死級のスキルを有している。

このため対策が取り辛いものの、基本は風属性で耐性を固め、聖と無への対応を状況に応じて切り替えるというのがベストである。

取り巻きも含めた通常攻撃の被ダメージは無視出来るほど軽くはない。
しかし、回復財ではどうにもならない属性スキルの即死を避ける意味で、デビルリングカードの活躍は無いと考えて良いだろう。



ヴェルゼブブ


相性は極めて良好。

ヴェルゼブブの攻撃属性は毒、無であるが、それより厄介なのが取り巻きのヘルフライによる通常攻撃である。

この火力密度は本体の比ではなく、まずはこれを軽減しないことには回復財の消耗が大変なことになる。(しても大変なことになる)
余談だが、ヘルフライは風属性攻撃を使用してくるため、デビルリングカードの有無に関わらず鎧は風属性が必須に近い。

また、ヘルフライ対策としてデビルリングカードを用いることで、同時にヴェルゼブブの高火力スキルであるSpP、HJ、パルス等を軽減出来るため、これを使わない手は無いというほど高い効果を得られる。





■総括



「万能ではないが、条件を満たせば最高峰の性能を発揮するカード」というのが、今回考察した『デビルリングカード』の特性である。


カードとしてのランクはS+、入手優先度はA+といったところ。


このカードが無ければ絶対に倒せないというMVPは、私がやった限りでは存在しない。


あくまでダメージの軽減による死亡率の低下や回復財の消耗を抑えるのが主であり、そのためにMVPカード級のzenyを消費することを是とするかは判断が難しい。


しかし、価値相応に『世界が変わる』レベルのカードであることは間違いない。


そのため対MVPにおいてひとつ上の段階へと足を踏み入れる際には必須と言って良いカードであり、装備が一通り揃ったギロチンクロスなら狙う価値のある代物であると私は考える。


そんな感じで。



「フム……これはどの肩装備に挿せば良いのだ?」
「スキンオプシャドウ[1]か巨神蛇の皮[1]かな。真紅のポンチョ[1]はニッチな玄人向け」

MHのイカ足とアイス69世ちゃん

 
これまでF1→G1→F1→H1と参加してきたモンスターハウスですが。


いずれも120人満員御礼で入っていたこともあり、すべて攻略完了。


メインの二刀クリ珍で参加し、道中でも殲滅役に加わっていたものの、やはりパッシブを最大限に生かせるのは9層のイカ足大量湧きエリア。


ここでは私もひとりのしがないイカ職人


動画を見返したところ、先日のH1で捌いたイカ足の数は56本でした。


私の蛸引包丁イカ臭い……



ika02_201407190934366ae.png



実際は手負いも数多くいたので、フル換算すると30-40本程度でしょうか。


しかしそれも、縁の下の力持ち的な金剛やニュートラルバリア、ニューマあってこそ。


私単体だとなす術もなく瞬殺されて1体すら倒せないためどっちがどうというのは無い。


そして、このときもBOSSはナハトメートヒェンこと青タニーで、出現率に偏りがあるのかと疑うほど遭遇率が高い。



tani01.png



青タニーへのダメージが大体100-110kくらい。


MHP15Mとして撃破まで20秒弱。



tani02.png



闇属性なのでオラティオ10と傷痕状態なら秒間3Mで撃破まで約5秒。


ちなみに、緑グルームも念属性なので聖付与オラティオでダメージが大きく向上します。


まぁこの状態まで持ち込んだら全員でフルぼっこなので大した差は無いと思いますが。





あとはミテマスを頂いたり、旧知の同胞と再会したり。



mitemasu024.jpg



ともあれ。


モンスターハウスは明後日の月曜(祝日)にも臨時開催されるため、参加しようという方はお忘れなく。


Sig鯖は中級の1・2エリアが120人で一杯になり、3エリア目が半数になるくらいの参加数なので、私は次回参加できれば人の少ないところに行こうかなと。





話は変わって。


現在巷を賑わせている貴族シリーズの最新装備『アイス・フォン・フリージンガー69世[1]』について私なりの所感を。



d0330183_5154274.gif

d0330183_5532495.jpg

d0330183_5173232.gif




性能は読んで字の如く。


対BOSS属性+40%ということで、私が所持している『爆裂ベベ29世ちゃん』の上位互換になります。


欠点であった小型/中型にも隙無く対応し、同じく所持する『イカ臭い魔棚船長蛸引』との相性も良好。





それを度外視しても、これの実装はギロチンクロス使い全体にとって対MVPにおける火力の向上に繋がり得るため、朗報と言う他はありません。


仮に武器を深淵cで重ねていて倍率的にベベ帽と差が無い場合でも、今と比べて安価になるであろうベベ帽を手に入れて使うという選択も可能になるわけで。


このままの性能で来てくれるなら、大方にとって利のある装備になるのではないでしょうか。





私個人としては更なる火力アップの可能性がひとつ増えたことで、杏仁豆腐cに並ぶ目標として張り合いが出て来ました。




そう、『爆裂アイス69世ちゃん』を作るという目標が!!




もちろん容易に入手出来るものではありませんが、それはそれで『爆裂ベベ29世ちゃん』にこれまでと変わりなく活躍してもらおうと思っています。


そんな感じで。


次回はとあるカードの考察を。



「早くアリスをペットにして新密度を上げないと!!」
「気が早いわ……」

【動画】Lv165傷痕EDP魔棚バーサーク二刀クリ珍でランドグリス




五天王最強のランドグリス戦。
動画では5戦3勝2引き分けとなっているが、実際は2桁に及ぶ床ペロから得た経験による辛勝である。

しかし、約1年前にフルブーストで何度も死にながら初撃破したあの時を思えば、格別の成長を感じられる。


ランドグリスのHPは微妙に削れていたり、フル状態だったり。
どのみち戦闘時間にほとんど差はなく、死亡要因はTSとLoVとJT(取り巻き)、もしくは高火力スキルや取り巻きからの被弾密度に拠る。


また、ターゲッティングからの開幕ディスペルは厄介なことこの上ない。
ハルシネーションウォークでも回避は五分五分なので、少なくともランドグリスと戦闘する際には開幕ディスペルを前提として立ち回る必要がある。

あとはTSとLoVの頻度。
接近してすぐ詠唱開始する場合もあれば、本体がタゲられずに右往左往する中で一度も使用しない場合もあり。

AI的に使用の有無を操作出来るかどうかは不明。


ともあれ。
ランドグリスを倒すと決めた時からずっと使いたかったBGMが使えたので満足。

やはり戦乙女と言えばこれだろう。



「動画うp終わった……ムニャムニャ」
「バナーを貼り忘れておるな。仕方ない、我が代わりに貼っておいてやろう(ペタペタ)」

【考察】二刀クリティカル型のステータス振りver2【時空ブーツ型】

 

※SS掲載予定
 
 
 
 
■『時空ブーツ型』のステータス振り



前回の『ギャンブラーシール型』と(勝手に)名付けたステータス振りでは、Luk120を基点にバランスの良い配分を心掛けた。


しかし、Aspdという点でチェネレカード固定という大きなデメリットがあり、テンプレートと言うには少しばかり多様性に欠けるステータス振りであったことは否めない。


そこで今回、二刀クリティカル型のver2として提案したいのが『時空ブーツ型』と名付けたステータス振り。


簡単に言えば、Agi-Lukを120の二極とし、『俊敏の時空ブーツ』と『幸運の時空ブーツ』を状況によって使い分けるようにした『型』である。


今回はこのステータス振りのメリット/デメリットについて考察したい。





■時空ブーツとAgi-Luk値



前述した通り、この型ではAspdに特化した『俊敏の時空ブーツ』とCriダメージに特化した『幸運の時空ブーツ』の2種の時空ブーツを前提とする。



22002_20140716190146704.png   22005_20140716190146213.png




よって、ステータスはAgi-Luk共に120に。


現在は上限開放によって130までステータスを振ることが可能だが、時空ブーツの効果を得るだけならポイント的にも120で十分だと考えられる。



5918_20140716193724d88.png



また、Luk120にすることで『ギャンブラーシール』の最大効果も同時に得られる点は前回の『ギャンブラーシール型』と同様である。





■装備の組み合わせとAspd



Agi-Luk120による時空ブーツの使い分けだけでなく、『ギャンブラーシール型』と比べてAgi110→120とステータスアップしたことで基本的なAspdが向上した。


ここでは参考的な装備の組み合わせとAspdについて書き連ねていく。







二刀(短剣)/Job60(Agi+9)/ハイスピードポーション/濃縮サラマインジュース



☆狐耳鈴リボン/+6俊敏時空<攻撃速度3> 192.3



18934_2014071619113281f.png     22002_20140716190146704.png  4881.png




☆チェネレカード/+6俊敏時空 192.9



4595_20140716191134bce.png     22002_20140716190146704.png




☆チェネレカード/+6幸運時空<攻撃速度3> 192.2



4595_20140716191134bce.png     22005_20140716190146213.png  4881.png




☆狐耳鈴/+6幸運時空<攻速3>/バコタトゥー 191.8



18934_2014071619113281f.png   22005_20140716190146213.png 4881.png   2910_20140716195156eb3.png



☆狐耳鈴リボン/チェネレカード/+6幸運時空 192.6



18934_2014071619113281f.png     4595_20140716191134bce.png     22005_20140716190146213.png







上記の組み合わせはあくまで一例でしかないが。


頭上段や肩がフリーであったり、<攻撃速度3>のエンチャントが無くともAspd193に迫る数値を叩き出していることが分かる。


ここからAspd193を目指すのであれば+αの補完をすれば良く、その手段は幾つもある。


この組み合わせの多様さが『時空ブーツ型』における最大のメリットであり、状況に合わせた対応を可能にすると私は考える。


要は、火力重視、耐性重視、速度重視等の選択の幅が、装備の分だけ拡がるステータスであるということ。





■StrとVit値



Agi-Lukを120にしたことで、StrとVitに割り振るポイントは必然的に少なくなる。


ただ、二刀クリティカル型ではIntやDexに振る必要がほとんど無いため、あとは上記2種のステータスのバランスをどうするかだけ考えれば良い。
(※特にDexは『ギャンブラーシール』によって10↑振ることがマイナスになる)


Strを補正込みでキリのいい値にした場合、Vitとの割り振りは以下のようになるだろうか。






JOB60(Vit+6)/HP増加ポーション(大)/+6俊敏or幸運の時空ブーツ
(※括弧内はマーターカード(MHP+10%/Agi+1)挿し)



① Str92 Vit66 余り7P  HP36,918 (40,609)


② Str82 Vit78 余り5P  HP39,246 (43,170)


③ Str72 Vit87 余り9P  HP40,992 (45,091)


④ Str62 Vit95 余り6P  HP42,544 (46,798)








『ギャンブラーシール型』でのVit値は④に近い94であったが、数値で見ると②や③とのHP差はさほど無いと分かる。


デメリットとしては、所持限界とVitの減少によるMHPとスタン耐性、及び回復量の低下。


ただしMHPに関しては(上記の括弧内を参照し)スロット付きの時空ブーツにマーターカードを挿すことで②から『ギャンブラーシール型』のHPを上回る。


Aspdの限界値が193であることから、ブーストによって条件を満たせばStrとVit値の高い『ギャンブラーシール型』に軍配が上がるが、課金アイテムや料理等が前提になりかねないのは悩みどころ。





■総括



以上が「より汎用性の高い機動力を実現するであろう『時空ブーツ型』のステータス」である。


これがどれほどのポテンシャルを秘めているかは、ステータス振りが行えない今の私には机上の理論でしか語ることが出来ない。


そんな私より早くこのステータスを自ら導き出し、実践している先人がいる。


こっそりやりたいようなので詳細は明かせないが、感触は良好のようで続報が待ち遠しい。





そんな感じで。


今後ステータスリセットが来るようなことがあれば、私もこの『時空ブーツ型』を実践してみたいと考えている。


無論、この型が自らにとって有用であるかどうかは、入念なシミュレートを行ってから決めてもらいたい。



「当初、御主はAgi-Luk二極のステータスであったな」
「言われてみればそうだね。つまり原点回帰と」

【追加検証】状態異常矢について

 
昨日の記事の中で『状態異常矢』に関しても記述していたが。


調べるべき項目が多数あったため、追加検証として今回の記事を設けることにした。


この検証が有用かどうか、或いはそれ以前に正確かどうかは得られた結果を活用すべき時に実際に試して欲しい。





状態異常矢



ya-ijyou01.jpg




では、この『状態異常矢』について。


SSでは沈黙付与のサイレンスアローを載せたが、他にもカースアローやスリープアロー等、多数のそれが存在している。


それぞれの効果は今更書くまでも無いとして。


今回の検証では、ギロチンクロスのスキルに状態異常効果が乗るかどうかを調べた。


結論から言えば、おそらくは「遠距離属性のある攻撃またはスキルに乗る」ものと判断して良いと考えられる。

(※前回の記事の近接物理にも乗るというコメントが少しばかり気に掛かるものの、私の検証では再現不可能であったため考慮外としておく)


ともあれ。


以下、ギロチンクロスによる検証項目と『状態異常矢』乗る乗らないを書き連ねていく。


なお、装備している『状態異常矢』サイレンスアローもしくはカースアローである。






◆近接物理攻撃 → 乗らない


◆致命的な傷(呪いの手AS) → 乗る


◆バフォメットカードの範囲部分 → 乗らない


◆石投げ → 乗らない



ya-ijyou07.png



◆砂まき → 乗らない


ya-ijyou06.png



◆インベナム → 乗らない


ya-ijyou05.png



◆Lv1/2グリムトゥース → 乗らない


ya-ijyou01.png



◆Lv3/4/5グリムトゥース → 乗る


ya-ijyou02.png



◆メテオアサルト → 乗らない


ya-ijyou03.png



◆ソウルブレイカー → 乗らない


ya-ijyou04.png



◆ローリングカッター → 乗らない


◆クロスリッパースラッシャー → 乗る


ya-ijyou09.png



◆ダークイリュージョン → 乗る


ya-ijyou08.png



◆ウェポンクラッシュ → 乗らない


ya-ijyou010.png



◆カウンタースラッシュ → 乗らない


ya-ijyou011.png



◆アースクエイク(女王足AS) → 乗らない


ya-ijyou012.png







追加検証に関しては、こんな感じで。


実はこれをきっかけに面白い発見があると思って試行錯誤をしてみたが、残念ながら有益な結果は得られなかった。


以上、矢に関する検証はこれにて一旦終了とする。



「フム……新たな発見は無かったか」
「発想はあったんだけどね、仕様が違ったみたいで」

【検証】聖なる矢と鋭い矢について

 
先日、みゅむさんのブログにて『聖なる矢』に関する記述があった。


私がそのことを知ったのが何年前だったかはもう憶えていない。


それ以来、当たり前のように装備していたわけだが、本当に効果があるかどうかを実際に検証したことはこれまで一度も無かった。


なので、この機会に他の矢も含めて検証しようと思い立った次第。



ya00.jpg






聖なる矢



ya01.jpg




説明文の通り、悪魔形モンスターに5%の追加ダメージの効果を持つ矢である。


検証と言ってもダメージの比較をするだけなので何も難しいことは無い。



聖なる矢 無 273


ya-sei01.jpg


聖なる矢 有 284 (+4%)


ya-sei02.jpg



結果、矢部分のダメージアップが乗っていることが判った。


上昇率が4%なのは計算上のあれこれがあるのだろうが、とりあえずアップしてるということで納得して欲しい。


ちなみに、矢の聖属性部分は乗らないのでちゃんと付与をする必要がある。





鋭い矢



ya02.jpg




次は、『鋭い矢』について。


表記通りにCri率が上がるのであれば非常に有用な矢となり得るため検証してみた。


対象は、Luk30(Cri減算6)のフェンダーク。


チャナックカードを用いているため表示Criと実Criに違いが生じている点に注意。





◆Cri率100% 鋭い矢 無 CriMiss 無


ya-cri01.jpg



表記Cri29とチャナックカード*2で+24、カタールでCri2倍で実Cri106。


フェンダークのCri減算が6でCri率100%、実際にMissは見られないので問題無し。





◆Cri率98% 鋭い矢 無 CriMiss 有


ya-cri04.jpg



Cri率98%のためクリティカルではなく通常の白ダメージが見られる。


ここも特に問題は無い。





◆Cri率98% 鋭い矢 有 CriMiss 有


ya-cri05.jpg



↑と同条件で『鋭い矢』を装備して試したが、白ダメージが表示されたためCri率アップは乗らないことが判明した。


仮に乗ったとしても2%未満なので実用的とは言い難い。





状態異常矢



ya-ijyou01.jpg




本来はここで『状態異常矢』について書いていたのだが。


検証項目が多岐に渡っていたため、別途、追加記事を設けることにした。









今回の検証のメインは、『聖なる矢』『鋭い矢』の2種ということで。


最後に検証結果をまとめると、






聖なる矢(悪魔形5%追加ダメージ) → 乗る


鋭い矢(Cri率アップ) → 乗らない







こんな感じで。


コメントでの指摘ありがとうございました。



「考察ではなく検証であったな」
「うん、実際にどうかってのが気になったからね。おかげでスッキリした」

RG戦における誤算と収穫

 
前々回、RGへの勝率は五分五分とか予想していましたが。


実際フル状態からやってみたところ完膚なきまでの大敗。


RG相手に大敗を喫するのは既に何度目だという話なのですが、ここまで火力を上げてなお押し切れないとは正直思いませんでした。


まだ数回しか挑戦していないものの、死因のほとんどは超威力のTS。



rg01.png



これがもともと風服+風肩+風レジでようやく耐え切れるレベルで、バーサークしていない状態だとそれを装備することでどうにしかしていたのですが。


バーサーク状態だと回避がほぼ絶望的なまでに落ちるため聖属性攻撃の対策として聖服が必須という。


これによってTSやLoVの風魔法が即死となり、撃破までの3秒間で打ち込まれること多数。ハルシで避けること零数。





しかし、絶対に無理かと言われればそうでもなく。


単純なゴリ押しが出来ないというだけで、TSを認識してからの(1秒以内)の移動回避や、その後のパルス等による吹き飛ばしを考慮した地形的な立ち回りでなんとかなるかなと。


要するに、火力は十二分であるものの、立ち回りに改善の余地があったと。


私としてはそんなまどろっこしいことは避けたいのですが、そうでもしないと勝てないのであればやる他はありません。


他にも即死級のスキルはあるので、これで解決となるかどうか。



rg02.png



あと爆裂状態のRGですが、これはイフリート以上の無理ゲーです。


以前同じようなことを書いたかもしれませんが、バーサークをしても一瞬で溶けるその火力は体感的に爆裂イフリート3体分くらい。


ただしRGは取り巻きのRGGがHP60%までヒールを使用するため、これを利用して爆裂2HQのスイッチであるHP30%以上まで回復させます。


こうすることで、少なくとも接近からの素殴りまでは比較にならないほど楽になる、と。


そんな感じで。


今日は(私にしては珍しく)一日中外に出ていたため更新が遅くなりましたが、明日くらいは時間を取って考察か何かでも出来ればと思っています。



「我が3体分とは大袈裟な」
「マジマジマジ、やれば分かるから」

ROFAN7月号と本日のイカ捌き&ミテマス

 
まずは7月の始め頃に2週間弱でお知らせ出来るかもと言っていた件について。


タイトルで若干ネタバレしていますが、ROFANという非公式のWebマガジンの7月号で新装備のクロスプレビューを書かせてもらいました。



FAN00.jpg




ROFANについては以前イスタンコさん桜さんが紹介されていたと記憶しています。


全体を通してクオリティが高く、記事の内容も凝っていて飽きさせない作り。


私のオススメは「レジェンド」や「マイノリティ」、「オーパーツ」という項目で実在する一風変わった武具を紹介するコーナーですね。


バックナンバーもダウンロード出来るので、表紙でピンと来るものがあれば是非一読を。





続いて、本日のモンスターハウスはG1に参加しました。


私はイカ足を捌きに来たんだと言わんばかりの勢いで抱えてもらっているイカ足を刺身に。



ika01_2014071200353654d.png



1箇所に5本湧いていて、計6箇所くらい捌いた気がします。


今回は付与もしっかりしていたのでダメージも100kオーバーと良好。


ただ左手が深淵挿し砂漠の風で特化していないので、次回はもうちょっとダメージの底上げが期待出来そう。


ボスをさっさと倒してWPが開放されると死に戻りで復帰しようとした人が入れなくなってしまうため、そうした意味でも致死率の高いイカ足の排除を最優先にするのが良いかなと。


後日、モンスターハウスの仕様が変わるようなのでそれ次第でもありますが。





そして、今回もPTの方々や復帰後の集合地点でミテマスを頂きました。



mitemasu023-1.jpg


mitemasu023-2.jpg



基本的に動画や考察がメインで、笑いあり涙ありみたいなブログではありませんが、それでもこうして見ていると声を掛けてもらえるのは嬉しく思います。


そんな感じで。


本日も無事クリアお疲れ様でした。



「私の蛸引包丁がイカ臭くなっている」
「案ずるな、我の業火で瞬く間に消臭してくれよう」

次なる挑戦と、武器と、プチ企画、そしてMH

 
魔タナ船長蛸引の火力アップで視野に入ったかと思われたRGですが。


しかしそこはやはり五天王最強、一筋縄ではいきません。



rg001.png



慣れの問題はあるものの、そこをキッチリやったとしてもノーデスペナでの勝率は五分五分、良くて六四くらいかなという予想。


感覚的にはイフリートに秒間1Mダメージを叩き出せるかどうかという段階の時と似ています。


未だ頂は見えず、挑戦すべき敵も多く。


近々もう1本動画作りたいなーと思いながら、今日も今日とてMVP狩り。





それはそれとして。


右手武器を新調したことで左手武器にブースト短剣、いわゆるマインゴーシュや砂漠の風を扱えるようになったため、新たな武器の作成を考えているのですが。



13035.png   baphomet_card_20140711002828686.gif   turtle_general_card_201407110028296f5.gif   phreeoni_card_20140711004547758.gif   randgris_card_20140711004546e08.gif



パッと思いついたものを並べてみる。


どのような状況にも対応出来る代わりに、尖ったところが無いため扱いが難しそうな一品。


少なくとも私が扱うには汎用性が高すぎる代物でしょうか。


MVPc限定という拘りがあるわけではないので、今後の新武器(もしくは装備)に関してはもうちょっと頭を悩ませてみようと思います。


数ヶ月前に1人、そして最近もう1人、武器に関してアドバイスというか提案を貰ったりもしたので、それを生かせる形で何か出来ればいいなとも。





そして、カンストクリティカルに続くプチ企画。


思い付きはしたものの、実現の可否は未知数、一応理論上は可能。


ネタというよりは、ある特殊な縛りの上で成し遂げるものといった感じ。





最後に、毎週水曜と金曜、つまり今夜はモンスターハウス。


PTを組む希少な機会ということもあり、意外と楽しみにしている私がいます。


近接職もといギロチンクロスでもやれることはあるので、まだ行ったことが無い人は積極的に参加してみるといいかもしれません。



「初級にも中級にも我はおらぬがな」
「上級が実装されたら水属性のイフリートが出たりして」

モンスターハウスとミテマス

 
毎週水曜と金曜の夜に開催されているモンスターハウスに参加してきました。


これ自体はかなり前からあったものの、職やレベル、スキルにまで制限があったため参加はしていませんでしたが、メインの二刀クリ珍でも行けるようになったのでお試しに。


素殴りは基本的に単体処理になるため1~7層までは範囲スキルメインでほぼ出番無し。


8層は生体DOP、リヒテルン系、羊羹RGGなどが湧くので珍にも活躍の場面有り。


ラストの9層はイカ足の処理が最重要事項。


北の小部屋に繋がる細い通路を基点としたベースはもとい、中央大部屋の北西と北東に湧くイカ足を処理することで復帰やボス戦などがやり易くなる。


はずなので、壁役がタゲを取ってくれていることを確認した後にバーサークにて各個撃破。



Before

ika00.png



After

ika02.png



スッキリしました。


二刀クリ珍だと混乱にも呪いにもかからないので動きやすいのが利点。


ダメージが1撃40kと低いのはおそらく付与忘れで、それがなければ1体3秒ほどで処理出来るので次回までの反省点として。


あとは肩もデビ真紅じゃなくてペタル真紅で良さげ。


バフォ錐も試しましたが、5本のうち真ん中のイカ足がさっさと死ぬので微妙な感じ。


ボスはナハトメートヒェンこと青タニー。



aotani-01.png



このとき激重なラグで気付いたら終わっていたという。


100人ものPCが一斉に攻撃すればそうなっても仕方ないのかもしれませんね。


そんな感じで。


初参加となる今回は手探りでやっていましたが、次回からは8層と9層に焦点を当てて装備を構成していこうと思います。





追記:


始まる前に加入させてもらったPTに閲覧者の方がいて声をかけてもらいました。


6人も。

mitemasu022_201407100110583b8.jpg



そんなこんなで、終了後は記念撮影。


始まる前にもなぜか撮影をしたのですが、こっちのが人数多かったので。


何はともあれ、クリアお疲れ様でした。



mitemasu022-0.jpg



「このブログが二刀クリ珍を作るきっかけになったってのは何度聞いても嬉しいね」
「うむ、これからも邁進するがよい」

【動画】Lv165傷痕EDP魔棚バーサーク二刀クリ珍でイフリート*3/RG*1




魔剣士タナトスの思念体カード挿し蛸引包丁を導入してのイフリート3戦とランドグリス1戦。

フルブーストでイフリートは約3ヶ月振り。
ランドグリスに至っては撃破動画自体が昨年の9月から約10ヶ月振りとなる。


対イフリートはギャンブラーシールとペタル真紅を導入後、ダメージが400kから600kまで向上した。
そして、今回の動画ではさらに800kまで上がり、撃破まで8確(1.12秒)という結果に。
(※1戦目はオーディンの力Lv1によって850kまで伸びているが、確殺は変わらず)


対ランドグリスは何度か挑戦していたものの、バーサーク状態の火力不足で押し切れず。
しかし今回は400kまでダメージを底上げし(少し前の傷痕ヒール検証動画では200k程)、撃破に至った。

惜しむらくは手負いだったことだが、いずれフル状態でのランドグリス単体のソロ動画をアップしようと思う。


最後に、ギャラリーとしてGMのsanriさんとAlvitr鯖のcheshaさんがイフリート戦に立ち会ってくれた。
というか、話の流れでそうなった。

ミスって死んだりといった失敗をすることなく、こうして動画に納められたので良しとしたい。
そんな感じで。



「珍までの説明が長いよね」
「どうにかして纏める必要があるな」

+8 ペネトレーション リベレーション 蛸引包丁 オブインフィニティ

 
完成しました。





jingi.jpg





新装備の実装ペースから鑑みるに蛸引包丁より高性能な短剣が出てくる可能性はありますが、私はさっさと挿して使いたいタイプなのでこれで。


+9↑を目指すのはWチケットのようなものが来てから、来なければこのまま。


左手はアマツの精錬祭で安価に仕上げた深淵3枚ミノ1枚の砂漠の風や、露店で購入した深淵3枚ゴーレム1枚の砂漠の風をサブウェポンに。


理想は96%特化ですが、それは特定のMVPに合わせて数本作るくらい。





話は少し変わって。


取引をしている際に、久々のミテマスを頂きました。





mitemasu022.jpg





明らかな宣伝、しかし既に見られていたという事実。


「おぉ;」という若干期待外れ感というか「そこは弓だろ!!」という意図が含まれたようなセリフですが、残念ながら私は蛸引に挿しました。


ってことで、これから第2の愛刀として活躍してもらおうと思います。





続いて同じく取引中のミテマス。


取引後にSS撮ったので該当キャラは居ませんが、名前からどんなキャラだったのか想像して悶々としてください。





mitemasu021_201407072038023a0.jpg





よもやイフ攻略記事を面白いと言って貰えるとは(役に立ったとは言っていない)。


ただ、他のMVP攻略と言ってもどの辺りに需要があるのか分からないので、適当に選別するかどうか。





そんな感じで。


次回はおそらく動画を。


試し切りのお相手は、もちろんいつものMVP。



「我か」
「うん」

魔剣士タナトスの思念体カード 1個 獲得

 



3.5G(相当)になりまーす(´∀`*)





魔タナc





ぶぇふぇぇぇ……頭が氷菓子に(ry





というわけで、GET!! しました。


前回のMVPLKcもそうでしたが、今回もまた運というか時期がすごく良かった。


まず競売で上限が設定されていたことで即決入札が出来、さらに+9ヴァナルが査定に入っていたので現金での支払額が2.3Gで済んだこと。


そして、この取引の何週間か前に俊敏<大鷲>を2Gで売却していたこともあり、元々の所持金と合わせた資金が潤沢であったこと。


これらの要素と某M氏によるタレコミがなければ入手は不可能だったと思います。


ありがたやありがたや。


とはいえ、MVPLKcも魔タナcも、ついでにバフォcもくじ産って……


まぁ前者2種は産出が絶望的なので、そうした意味でもラッキーだったのかなとも。







さて、問題は魔タナcをどの武器に挿すかということですが。


普通に考えれば弓に挿し、レンジャーで使うという選択が最も多いでしょう。


しかし私のメインは二刀クリティカル型のギロチンクロスなので、





     13081_2014070400344457f.png    thanatos_card_20140705194058363.gif  drake_card_201407051940564f8.gif  knight_of_abyss_card_20140705194100388.gif





こんな感じにしようと思います。


MVPcで揃えるという観点から randgris_card_20140705195346aa3.gif や turtle_general_card_20140705195348f06.gif を考慮したものの。


やはり対MVPにおいては knight_of_abyss_card_20140705194100388.gif が最も倍率が高いというのもあり、速攻戦を主とするバーサークでは特にその影響が大きいかなと。


上記2種のMVPcが深淵cと加算でなければもっと悩んだんですけどね。





魔タナ船長深淵蛸引は、言わば超強い錐でしょうか。


まだ計算上でしかありませんが、これまでの1.3倍~1.6倍くらいの火力は出せる模様。


船長cのアテはあるので、あとは過剰蛸引の入手如何で実践投入の時期が決まりそうです。


そんな感じで。



「我のカードは―――
「アクセサリー挿しです」

【MVP攻略】イフリート(立ち回り編)

 
ifrit_20140628013615e89.gif   salamander2.gif   kasa_20140702224437bae.gif




連日書き記してきた『イフリート』の攻略記事もこれで締めとなる。


前回の『装備編』で挙げた3つの装備条件。


今回はそれを満たしたギロチンクロスによる『立ち回り編』として、『イフリート』撃破までの流れを書いていきたい。







イフリートとの戦闘は、撃破までの流れをある一定のパターンに収めることが可能で。


上手くハメることが出来ればMVPとしての難易度はぐっと低くなる。


ただし、ラッシュアタック状態でパターンから外れた場合の立て直しは困難を極めるため、そうなってしまったらもうGO☆RI☆O☆SIしかない。


一応、イフリートは待機状態で9999ヒールを使用するので、ターゲッティングされない距離でHP30%↑になるのを待つという手もある。


今回はそのことについては言及せず、一連のパターンのみ追求したい。







誘導



基本的にイフリートを誘導するのは『壁から3セル目の位置』とする。


理由は『ノックバック対策』『フルストリップ回避』の2つで、これをするのとしないのとではやり易さが格段に変わってくる。


問題はイフリートをその位置まで誘導する方法だが。



yuudou003.png



MOBが斜めからプレイヤーに接近する場合、



1、プレイヤーを基点とした+軸上から1セル手前の位置まで斜め移動し


2.その位置に到達後、直進してプレイヤーに接近する



という移動法則があり、これを利用して『壁から2セル目のラインを壁沿いに移動する』ことで『壁から3セル目の位置』に誘導することが可能になる。





次に、誘導する際に注意したいのが『地形』『ドラゴンフィアー』の2つ。



☆地形


トール火山03に限らず、ROのMAPには『平面』だけでなく『斜面』が存在する。


この『斜面』というのが厄介で、視点を変えたときに地面が斜めになっている地形では『1セル空けた攻撃が不可能』であるということ。


つまり、誘導する際には地形的なポイントを考慮する必要がある。



thor_v030.gif



事前に試してみるのが最良だが、トール火山03においてイフリートの誘導に適したポイントは↑に載せたMAPの赤丸付近が適切と思われる。





☆ドラゴンフィアー


『スキル編』でも書いた通り、イフリートは追撃/攻撃時に『ドラゴンフィアー』を使用する。



fia-.png



対策が必要なのは状態異常の混乱と沈黙。


混乱は移動方向がランダムになり、沈黙はスキルが使用不可になるのでどちらも早々に解除したい。







戦闘



上述の通りにイフリートを誘導し、準備万端といったところでいざ戦闘へ。


初手でハルシネーションウォークを使用するかどうかは火力次第。


ある一定のパターンと言ったように、イフリートはHPによってスキルが開放されるため、それを目安に装備の持ち替え等をするだけで良い。


キーとなるHPの段階は4つ。



第1段階 HP60%未満 『パルスストライク』


ifu-parusu.png



『アースクエイク』の開放を報せる前段階。


これが使用されたら鎧を『パサナカード挿し(火属性)』から『ゴーストリングカード挿し(念属性)』に換装する。


この時点から『ファイアブレス』は使用するようになっているが、『ラッシュアタック』状態でなければ『ゴーストリングカード挿し(念属性)』でも即死には至らない。


仮に初手でハルシネーションウォークを使用しない場合は、装備換装と合わせてここで使用したい。





第2段階 HP40%未満 『アースクエイク』


ifu-eq.png



イフリートとの戦闘におけるターニングポイントでありデッドライン。


ここを凌ぐことが出来れば、鎧を再び『ゴーストリングカード挿し(念属性)』から『パサナカード挿し(火属性)』に換装する。


これ以降、火力の条件を満たしていれば装備の換装は必要無い。





第3段階 HP30%未満 『ツーハンドクイッケン』


ifu-2hq.png



『ラッシュアタック』の開放を報せる前段階。


ハルシネーションウォークを使用していれば95%回避は可能なので、ダーククローを使用するならこの瞬間。


見た目の攻撃速度に慌てることなく、迅速かつ慎重な行動を心掛けたい。





第4段階 HP20%未満 『ラッシュアタック』


ifu-ra.png



イフリートとの戦闘における最終デッドライン。


『ツーハンドクイッケン』で上昇した攻撃速度と合わせた通常攻撃とスキルによるATK3倍ダメージは、回復財を叩く手を惜しむとあっさり転がるレベル。


しかし、ここまで来れば後一押し。


あとは回復に集中し、残ったHPを削り切るのみ!!







以上。


かくして、今回の『立ち回り編』を以って『イフリート』の攻略は完了。


私が持ちうる術の大半をこの3回の記事に纏めたが、多少なりともどれか一つの情報くらいは誰かの役に立って欲しいと思う。


そんな感じで。



「さ、さすがに疲れた……」
「うむ、ご苦労。だが我も黙ってやられはせんぞ」

【MVP攻略】イフリート(装備編)

 
ifrit_20140628013615e89.gif   salamander2.gif   kasa_20140702224437bae.gif




昨日に引き続きMVP攻略、『イフリート』


前回は『スキル編』として『イフリート』のスキルを大雑把に紹介したが。


今回は『装備編』と銘打って、ギロチンクロスがソロで『イフリート』を撃破するために必要と思われるものを挙げていきたい。


余談だが、とある情報通からのタレコミにより、



「ダーククローの射程は(表記上は1だが)実際には2である」



ということが判明し、わざわざイフリートに隣接してダーククローを使用していた私の情弱っぷりが露呈した。


ともあれ。


あらゆる手を尽くして一度狩れれば良いというのであれば話は別だが、そうでないのなら装備にもある程度の水準が要求される。


そのことを踏まえた上で、以下を参考にしてもらいたい。







◆イフリートソロ撃破に必要な3つの装備条件



1.命中―【攻撃を当てること】


2.耐性―【即死しないこと】


3.火力―【HP40%を20秒以内に削り切ること】












命中―【攻撃を当てること】



イフリートの要Hitは547と高く。


Lv165のギロチンクロスでさえステータスのみでの達成は不可能に近いため、まずは必中を大前提に装備を構成したい。



4121.png   4106.png   5680.png   2728.png   2659.png



或いは、幾つかの消耗品によってHitの底上げが可能なため、後述する耐性と火力の条件を満たせないのであれば、消耗品の使用も視野に入れる必要がある。



12320.png   12205.png   12432.png   12354_20140704001101b5b.png   12029.png



二刀クリティカル型の場合はCriticalに依存するが、イフリートの要Cri率は115.2とさほど高くない。


何もしなくて良いというわけではないが、Luk120のギロチンクロスであれば装備もしくは消耗品で補えるため過剰なブーストをする必要は無い。



5918_20140704001507a22.png   15038.png   2597_20140704001505054.png   12321_20140704001509828.png   12354_20140704001101b5b.png







耐性―【即死しないこと】



イフリートの即死級スキルは前回の記事に書き記した通り、『ファイアブレス』『パルスストライク』『アースクイエク』の3種。


これらは順に、



☆火属性


4099.png   12118.png   15086_201407040020007c2.png   2344.png   2554.png



☆無属性(属性なし)


4133.png   4174.png   2554.png




☆念属性


4047.png




によって、それぞれ対応する攻撃のダメージを軽減出来る。


特に『ファイアブレス』『アースクイエク』は鎧カードによる属性付与が必須であり、それなくして耐え切ることは極めて困難である。


さらに耐性を固めたい場合は、全ての攻撃を最大30%カットするマジックマッシュルームからのエナジーコートをオススメしたい。



12723.png     energycoat_201407040025324c2.gif








火力―【HP40%を20秒以内に削り切ること】



これが必要な理由は単純明快で、



「イフリートに二度アースクエイクを使用させない」



ことを絶対条件とするためである。


イフリートのMHPは6,240,000で、アースクエイクのスイッチがHP40%未満より、



6,240,000 / 40% = 2,496,000


2,496,000 / 20秒 = 124,800


124,800 / 7回(Aspd193) = 17,829




以上よりAspd193の時、1回の攻撃で17,829↑、秒間で124,800↑のダメージを与えられれば火力の条件を満たすことになる。


そして、アースクエイク後にダーククローを使用すれば与えるダメージの条件はさらに緩和されるが、それを前提に火力を落とすのは得策とは言えない。


少なくともドレイクカードが無ければ達成出来ないほど厳しい条件ではないので、そこは各々の武器に合わせてシミュレートしてもらいたい。



13081_2014070400344457f.png   1230_20140704003446403.png   knight_of_abyss_card_20140704003440047.gif   peco_egg_card_201407040034427e9.gif   vadon_card_2014070400344393f.gif







以上。


次回は『立ち回り編』として、今回の3つの条件を満たした上で『イフリート』を撃破するための手順を書き連ねたい。



「我を倒した暁にはこのリングをやろう」
「スピリチュアール!!」

【MVP攻略】イフリート(スキル編)

 
ifrit_20140628013615e89.gif   salamander2.gif   kasa_20140702224437bae.gif




MVP攻略の第1弾は、炎の化身もとい炎帝『イフリート』


今回は3つに分けた記事のうち『スキル編』と称して、『イフリート』が使用するスキルを大まかに解説したいと思う。


全てではなく、あくまで攻略する上で気に留めておきたいものだけをピックアップして。


スキルのデータは調べたものをそのまま載せたが、解説については私の経験から感じたことを書き記している。







◆サモンスレイブ

「取り巻きが一定数以下になると、一定数の取り巻きを再召喚する」


待機時/追撃時/攻撃時に関わらず使用。
イフリートの場合は1体以下になると、2体の取り巻き(サラマンダーとカーサ)を召喚する。

取り巻きからの被弾を抑えるのであれば、
「サラマンダー+カーサ」から「サラマンダー」を削り、
「サラマンダー+カーサ*2」になったところで「サラマンダー」を削ると「カーサ*2」になる。





ifu-fia01_20140702225432036.png


◆ドラゴンフィアー(Lv5)

「29*29範囲内の相手を沈黙、スタン、混乱、出血のいずれかの状態にする」


追撃時/攻撃時に高頻度で使用。CT10秒。

二刀クリティカル型の場合は沈黙のみ。
それ以外の型だとLuk100以下になると思われるので混乱の対策も。





ifu-furusuto.png


◆フルストリップ(Lv5)

「対象の武器・鎧・盾・兜を脱がす」


攻撃時に使用。
イフリートの攻撃射程が3、フルストリップの射程が1なので1セル空けた状態で攻撃することで回避は可能。

ダーククローを使用する際にはやむを得ないが、
基本的にはフルストリップを使用させない立ち回りが必要になる。


ダーククローの射程は表記上は1だが、実際に試したら射程2で使用可能という結果に。
よって、フルストリップを使用されることは基本的に無いと考えて良い。





ifu-lp.png


◆ランドプロテクター(Lv3)

「9*9範囲内の地面を魔法展開不可地域にする」


攻撃時に使用。
ギロチンクロスにとっては何の影響も無いスキルだが、イフリートが使用するメテオストームを無効化できる。





ifu-fb.png


◆ファイアーブレス(Lv10)

「前方9*14範囲内にいる対象に火属性の物理ダメージを与える」


追撃時、攻撃時にHP80%未満で使用。


即死級スキルその1。CT5秒。
これのみでは警戒するほどの威力ではないが、ラッシュアタック時に使用されるとパサナカード挿し服以外では即死の威力となるため耐性は必須。





ifu-parusu.png


◆パルスストライク(Lv5)

「15*15範囲内に無属性ダメージを与えるとともに、7セル後方へ吹き飛ばす」


攻撃時にHP60%未満で使用。


アースクエイクを使用するHPの目安として認識しておきたいスキル。
ノックバックスキルであり、被弾した際は立て直しを余儀なくされるため、これを回避する意味で交戦時は壁を背負うことが望ましい。

ついでに、即死級スキルその2。CT15秒。
ファイアブレスと同様、ラッシュアタック時に使用されると即死級の威力になる。





ifu-eq.png


◆アースクエイク(Lv5)

「27*27範囲内に無属性の分散スプラッシュ魔法攻撃、3Hit」


追撃時/攻撃時にHP40%未満で使用。


即死級スキルその3。CT20秒。

詠唱が0.5秒と早く、Hit間隔はAspd依存のためハエキャンセルも熟練を要する。
ただし離脱からの再度立て直しは難易度が高いので非推奨。

可能ならばアースクエイクを耐えつつストレートに撃破するために必須となるゴーストリングカード挿し服を用意したい。





ifu-2hq.png


◆ツーハンドクイッケン(Lv9)

「一定時間、攻撃速度を30%上昇(攻撃ディレイ30%減少)させる」


攻撃時にHP30%未満で使用。


ラッシュアタックを使用するHPの目安として認識しておきたいスキル。

イフリートのAspdが180から(多分)190になる。
とにかく早くなるため、ラッシュアタックとの併用で秒間被ダメージが跳ね上がる。

この被弾速度と回復財による生死の境目を見極めるには、習うより慣れるしかない。





ifu-ra.png


◆ラッシュアタック(Lv5)

「一定時間、ATKとDexが3倍になる」


攻撃時にHP20%未満で使用。


怒りエモーションと共に、赤い稲妻のようなエフェクトを纏う。
通常攻撃やスキルの威力が上がるだけでなく、ハルシネーションウォーク状態でも回避不可能なほど命中率が上がる。

スキルは一部、アースクエイクが適用外。
厳密には威力は上昇しているが、倍率加算が云々かんぬん……それ以前に、ラッシュアタック時にアースクエイクを使用させること自体が前提にないので考慮外。







以上。


次回は『装備編』として、『イフリート』攻略に欠かせないものを挙げていきたい。



「パワーをメテオに!!」
「いいですとも!!」

【Sig鯖】ピンタドスフェスティバル開催、その暗部に迫る

 
材料を手に向かった先で耳にしたのは、フェスティバルが既に開催されているという報告。





しかも初日。


pintado001.jpg




これは偶然か、はたまた何者かの陰謀か。


しかもどこかで見たことがあるようなNPCの名前……うっ、頭が……


何か大切なものが抜け落ちている感覚。


痛む頭を押さえながら真実を追い求める私の前に立ちはだかる、一人の女アークビショップ。




pintado002.jpg





白ネコミミ……ツインリボン……アルパカ……




「パッカパッカアルパッカ~♪」




違う、そうじゃない。


記憶の混濁に戸惑う私に、女アークビショップはついて来いと言わんばかりに駆け出す。


その前に私にも速度増加をして欲しいと思った。





高機動型アルパッカーから一足遅れ、辿り着いたのはフェスティバルの開催地。


開催期間中で運が良かったと口にする観光客だが、はっきり言って。











フェスティバル感は皆無だった。


pintado003.jpg




備え付けNPCのセリフがフェスティバル仕様になるくらいで、何の盛り上がりも無い。


これならまだ場末の飲み屋の方が活気に満ち溢れているだろう。


「開催に必要な材料が減ったためにフェスティバルも規模を縮小してしまったに違いない」


そう結論付ける私を先導するように、アルパカから降りた女アークビショップが近くの小屋に入っていく。





小屋の中も同じくフェスティバルの雰囲気など欠片もなかったが、そこに居た爺さんの言葉で私は私のやるべきことを思い出した。


タトゥー……そう、私はタトゥーを求めていたのだ。




pintado004.jpg




ふと、会話ウインドウの陰に隠れてチョコドーナツを貪る女アークビショップ。




「それはフェスティバルで?」「いいえ、ミスドで」




本当に何も無いなフェスティバル……


落胆する私をよそに目の前の爺さんは「フェスティバル開催中はタトゥーを作るには絶好の機会だ」と言いながら材料を加工し始める。


地元民もといジモッピーにのみ感じられる独特の空気みたいなものがあるのだろうか。





ややあって、バコナワを模して彫られたタトゥーを手渡される。


そのタトゥーに触れた瞬間、力が湧き、身体が軽くなったような感覚に捉われ、不思議な高揚感に包まれながら私は意識を失った。




pintado005.jpg




意識を取り戻した私は、プロンテラに居た。


女アークビショップの姿は無く、吹きすさぶ風に舞う木枯らしだけが目に映る。


あれは夢か幻だったのだろうか。


それを否定するように、握り締めた手の中でタトゥーがくしゃりと歪む。


かくして私は、「バコナワの守護タトゥー」を手に入れた。


私を導いた女アークビショップの存在という、小さな謎を残して。




pintado006_20140701184103097.jpg




ゲスト出演 : 謎の女アークビショップ



「何だこれは」
「何だろうね」
Counter
Flash Calender
珍+爆裂ベベ29世ちゃん

さつき

Author:さつき
二刀クリ珍をメインに戯言や考察を気ままに書き綴る。
MVPのソロ撃破動画有。

気軽にコメントや拍手などをしていただけると嬉しいです。
(拍手返信は拍手先で稀に)

当ブログはリンクフリーです。
リンクを貼る際に一報下されば、こちらからもリンクを貼らせていただきます。(425.349)

Contents
Archives
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
New!!
Comment
RSS Rink
PageRanking
Rink
頂きもの
おーじ(そうだ、デスペナもらおう)
 
   
ぽあだむさん(breidablik鯖金策少女ぽあだむ)
   
イスタンコさん(ソリストのET)
     
じゅうきさん(じゅうきのRO奮闘記~プロ北の落ちこぼれ~)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。